AppleはパスワードをiPhoneまたはMacに置き換えたいと考えている

AppleはパスワードをiPhoneまたはMacに置き換えたいと考えている

アップルは、WWDC 2021で予告されたiCloudキーチェーンの新機能「passkey」で、パスワードのない未来を目指しています

WWDCの開発者セッション「Move beyond passwords」で、Appleは「iCloudキーチェーンのpasskey」という新機能を予告しました

この機能は、iOS 15とmacOS Montereyでテスト版が提供されていますが、まだ完全なリリースには至っていません

「passkey」は、WebAuthn規格に基づいた秘密鍵と公開鍵のペアです。基本的にはハードウェアのセキュリティキーのように機能しますが、iCloud キーチェーンに安全に保存されます

つまり、ユーザーはハードウェアキーを持ち歩く必要がなく、iPhone、iPad、またはMacに「passkey」が格納されるのです

さらに、「passkey」はさまざまなデバイス間で同期されるため、ユーザーがすべてのデバイスを失った場合でも復元することができます

従来のパスワードと比較して、「passkey」には多くのセキュリティ上の利点があります。推測できないこと、サービス間での再利用ができないこと、フィッシングやデータ漏洩の危険性がないことなどです

ユーザーにとっては、パスワードに代わる簡単で安全な手段となります、実装されれば、ユーザーはFace IDで認証するだけでログインできるようになります

iCloudキーチェーンに登録された「passkey」は、WebAuthnに対応している場所であればどこでも使用できます、現在のところ、Appleのプラットフォーム上のブラウザやアプリが対象となっていますが、この規格の完全な採用はまだ数年先のことです

iOS 15とmacOS Montereyへの「passkey」の搭載は、開発者向けのテストのみで、実際にはまだ機能していません

Appleは、既存のアプリやワークフローでこの機能をテストすることは、パスワードを置き換えるための複数年にわたる取り組みの最初のステップに過ぎないとしています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)