Apple、tvOS 15のApple TVでの空間オーディオの動作を詳細に説明

Apple、tvOS 15のApple TVでの空間オーディオの動作を詳細に説明

iOS 15やmacOS Montereyほど注目されていませんが、WWDC 2021ではtvOS 15も発表され、対応するAirPodsでS空間オーディオに初めて対応するなど、Apple TVユーザーのための新機能が盛り込まれていました

当初、詳細は不明でしたが、今ようやくtvOS 15で同機能がどのように動作するかが説明されました

AppleがEngadgetに語ったところによると、AirPodsのセンサーに基づいて、動画の再生を開始する際にユーザーが見ている方向を分析するようになったとのことで、ユーザーが立ち上がって歩き回ったりすると、システムが位置を再計算して空間音声を再び有効にします

座って映画やテレビ番組を見るときは、しばらく同じ方向を見ていることを検知すると、付属のヘッドトラッキング機能がロックします。立ち上がって歩き回ると、再びロックされます

スポンサーリンク


tvOS 15では、AirPodsをApple TVに接続するのも簡単になりました

近くにあるヘッドフォンを認識して、テレビとペアリングするかどうかを尋ねるポップアップが表示されます、また、tvOS 15のコントロールセンターに新しいトグルが追加され、設定アプリを開くことなく、AirPodsやその他のBluetoothヘッドセットの設定に簡単にアクセスできるようになりました

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)