macOS 12で公式にサポートされるMacは?かなり厳しいものになる可能性も

macOS 12で公式にサポートされるMacは?かなり厳しいものになる可能性も

AppleがOSの年次サイクルに忠実であるならば、来週のWWDCでmacOS 12を発表するでしょう

Appleは、macOSの次のメジャーバージョンが11.xではなく12であることをバージョン番号で明確にしており、ファームウェアのアップデートに伴うちょっとした憶測が、どのMacをサポートするかを示唆しています

Appleは、5月から8月の間に、秋のmacOSの最初のリリースに必要なものに近いファームウェア・アップデートをリリースしたいと考えています

同様に、5月から8月の間にファームウェアのアップデートが行われなかったMacは、そのメジャーリリースに対応していない可能性が最も高いです

現在のファームウェア分析は次のように実行されます

  • T2チップを搭載したすべてのMacとM1 Macは、macOS 11.4でファームウェアがアップデートされています
  • iMac16までのiMacは、数ヶ月間ファームウェアのアップデートが行われていませんが、iMac17からは macOS 11.4でのアップデートが行われています
  • MacBook8,1までのMacBookはアップデートされていませんが、MacBook9,1からはアップデートされています
  • T2チップを搭載していないMacBook Airはアップデートされていません
  • MacBookPro12までのMacBook Proはアップデートされていませんが、MacBookPro13からはアップデートされています
  • T2チップを搭載していないMac miniはアップデートされていません
  • MacPro6,1を含む、T2チップを搭載していないMac Proモデルはアップデートされていません

スポンサーリンク


興味深いことに、11.4でアップデートされたT2以外のモデルのほとんどは、ファームウェアのバージョン番号が429.120.4.0.0に統一されていますが、これほどモデル間で統一されているのは初めてのことです

唯一の例外はiMac19,1で、1554.120.15.0.0という変わったものになっており、T2モデルのEFIファームウェアと同一ではないが近いものになっています

その上で、macOS 12が公式にサポートされる可能性が高いのは、以下のハードウェアです

  • iMac Late 2015以降
  • iMac Pro
  • MacBook Early 2016以降
  • MacBook Air 2018以降
  • MacBook Pro 2016以降
  • Mac mini 2018以降
  • Mac Pro 2019

特にMacBook AirとMac miniのモデルでは、通常よりも残酷な印象を受けます

また、macOS 11.5での次のファームウェア アップデートで、一部の古いモデルが救済される可能性があります

(Via The Eclectic Light Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)