App Storeは2020年に不正取引の疑いのある15億ドル以上を停止

App Storeは2020年に不正取引の疑いのある15億ドル以上を停止

Appleは、不正な開発者やユーザーを突き止めて対処することにより、App Storeをユーザーがアプリケーションを発見するための安全で信頼できる場所として尽力しています

Appleは同様に、これらの脅威に対応するための取り組みの規模を拡大し、ユーザーとデベロッパ双方にとってのリスクに対抗するために、絶え間ない前進を続けています、位置情報から支払い情報まで、ユーザーの最も重要な情報が悪用されないようにするためには、舞台裏で膨大なリソースが必要です

すべての不正行為や悪意を事前に察知することは不可能ですが、業界をリードするAppleの不正対策のおかげで、App Storeはアプリケーションを見つけてダウンロードするのに最も安全な場所であるとセキュリティ専門家も認めています

アプリケーションのレビュー

Appleの目標は常に、新しいアプリケーションをストアに投入することです
App Store review 00002
2020年には、18万人以上の新規開発者がアプリをローンチできるように支援しました、2020年には、問題のある100万個近くの新しいアプリと、さらに100万個近くのアプリのアップデートが、それらのようなさまざまな理由で拒否または削除されました

スポンサーリンク


2020年だけでも、App Reviewチームは、隠された機能や文書化されていない機能が含まれているという理由で4万8,000個以上のアプリをリジェクトし、15万個以上のアプリが、スパムや模倣品、あるいはユーザーを操作して購入させるなどの方法でユーザーに誤解を与えるものであることが判明したためにリジェクトされました

このようなアプリが発見された場合は、直ちにストアから拒否または削除され、開発者にはアカウントが永久に停止される前に14日間の異議申し立てプロセスが通知されます

2020年には、約95,000個のアプリが不正な違反行為によりApp Storeから削除されましたが、そのほとんどがこのようなおとり捜査によるものでした

アプリがリジェクトされるもう一つの一般的な理由は、単に必要以上のユーザーデータを要求したり、収集したデータを誤って処理したりすることです、2020年、App Reviewチームは21万5,000本以上のアプリを、このようなプライバシー侵害を理由に却下しました

Appleは、プライバシーは基本的な権利であると考えており、この取り組みは、ユーザーがApp Storeを選択する大きな理由となっています、このような厳しい審査基準が設けられていても、App Storeには180万本のアプリがあり、問題が表面化することもあります

スポンサーリンク


ユーザーは、App Storeの「問題を報告」機能を選択するか、Appleサポートに電話して、問題のあるアプリを報告することができます、開発者は、これらの方法のほか、Feedback AssistantやApple Developer Supportなどの追加チャネルを利用することができます

不正な評価とレビュー

2020年以降、Appleは10億件以上の評価と1億件以上のレビューを処理し、2億5,000万件以上の評価とレビューがモデレーションの基準を満たしていないとして削除されました

また、Appleは最近、評価やレビューのアカウントの信憑性を確認したり、書かれたレビューに不正の兆候がないか分析したり、無効化されたアカウントのコンテンツを確実に削除したりするための新しいツールを導入しました

アカウントの不正行為

開発者の違反行為がひどい場合や繰り返される場合、違反者はApple Developer Programから除名され、アカウントが抹消されます

Appleは、2020年に470,000件の開発者アカウントを抹消し、不正行為に関する懸念からさらに205,000件の開発者登録を拒否したため、これらの悪質な行為者はストアにアプリを提出することができなくなりました

詐欺師たちは自分たちの行為を隠蔽するために高度な技術を駆使していますが、Appleの積極的な監視により、これらのアカウントは平均して作成後1カ月以内に抹消されています、アプリケーションをダウンロードするユーザーの安全性を確保するためのAppleの取り組みは、App Store以外にも広がっています

スポンサーリンク


過去12カ月間にAppleは、海賊版ストアフロントエンドにある約11万本の違法アプリケーションを発見し、ブロックしました

Appleは、不正な開発者アカウントに加えて、不正なユーザーアカウントの特定と無効化にも取り組んでいます、2020年だけでも、Appleは、不正行為や悪用を理由に2億4400万のお客様のアカウントを無効にしました

Appleは、App Storeで商品やサービスを販売する90万本以上のアプリが採用しているApple PayやStoreKitなど、より安全な決済技術の構築に多大な資源を投入してきました、Appleは、この種の不正行為にも容赦なく注力しています

合計すると、Appleは2020年に15億ドル以上の不正な可能性のある取引からユーザーを保護しました、アプリの審査、不正アカウントの検出、金融犯罪の防止など、Appleは、App Storeがユーザーとデベロッパにとって安全で信頼できる場所であり続けるために、24時間体制で、そして舞台裏で活動しています

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)