Appleが支援するスマートホームアライアンスが新しい接続規格を発表

Appleが支援するスマートホームアライアンスが新しい接続規格を発表

Zigbeeアライアンスが新名称、新規格を発表

Zigbeeアライアンスは、現在、Connectivity Standards Alliance(CSA)として知られており、スマートホーム向けの新しい接続規格「Matter」を発表しました

あまりにも長い間、断絶されたプラットフォームとバラバラな開発経路が、消費者には混乱を、開発者やイノベーターには複雑なプロセスをもたらしてきました。スマートオブジェクトは、信頼性が高く、安全で、一緒に動作するものでなければなりません。これが、新標準規格「Matter」として知られているProject Connected Home over IP(CHIP)の共通ビジョンです

Appleは、Amazon、Google、SamsungのSmartThingsなどのスマートホーム分野の大手企業とともに、2019年からこの取り組みに参加しています

スポンサーリンク

Amazon、Apple、Comcast、Google、SmartThings、Connectivity Standards Allianceは、この新規格の開発と普及を目的として2019年に結成された団体で、Allianceのメンバー企業であるIKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Schneider Electric、Signify、Silicon Labs、Somfy、Wulianなどが名を連ねています
現在では、さまざまなビジネスカテゴリにわたって、あらゆる規模の180を超えるメンバー組織が存在し、1,700を超えるメンバー個人がMatter仕様、リファレンス実装、テストツール、および認証プログラムの実現に参加しています

Connectivity Standards Allianceのプレジデント兼最高経営責任者Tobin Richardson氏は、Matterは「真につながった世界を実現するための基本要素」だと

また、「私たちは信頼の印を作成し、MatterはIoTのための統一された、安全で信頼性の高い規格を提供してきた我々の長い歴史の中で、ユーザーにとって重要なマイルストーンです…私はMatterを本当の意味で接続された世界を提供するための基本的な要素として発表することを非常に楽しみにしています」と述べています

この規格が広く採用されれば、消費者はさまざまなエコシステムで動作することを確信してスマートホーム機器を購入することができるようになります

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)