タブレットマーケットが2021年第1四半期も急増し続ける中、Apple iPadは マーケットを支配しています

タブレットマーケットが2021年第1四半期も急増し続ける中、Apple iPadは マーケットを支配しています

世界の多くがCOVID-19のパンデミックに対処している中、タブレットの売上は引き続き好調です

International Data Corporation(IDC)が発表したWorldwide Quarterly Personal Computing Device Trackerの速報値によると、2021年第1四半期(1Q21)のタブレット端末は前年同期比55.2%増の3,990万台となり、傑出した成長を遂げました

このような大きな成長は、タブレット市場が前年同期比56.9%増となった2013年第3四半期以来のことです

IDCのMobility and Consumer Device TrackersのリサーチアナリストであるAnuroopa Natarajは次のように述べています

ワクチンの導入や企業がオフィスに戻ることで、在宅勤務のトレンドは鈍化するかもしれませんが、”通常の “労働環境に戻るにはまだ程遠いため、タブレット端末、特にデタッチャブル端末の需要はしばらく続くと思われます”
しかし、購入者が仕事や娯楽用の薄くて軽いノートブックや教育用のChromebookなどの競合製品にますます目を向けるようになると、タブレットの将来は一定の競争下に置かれ、Apple、Samsung、Amazon、Microsoftなどの大規模なブランドにその重責を委ねることになるでしょう

スポンサーリンク


AppleのiPadは、前年同期比で64.3%増で、引き続きマーケットシェア30%を超える31.7%を維持しています

  • タブレット企業上位5社、世界の出荷、市場シェア、および前年比成長率、2021年第1四半期
  • (暫定結果、今四半期のみの企業ビューの合計、出荷数百万単位)
    2021Q1 tablet Market











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)