AppleがiPhone 13でLTPOディスプレイに切り替えることで、2023年までには支配的な技術になる

AppleがiPhone 13でLTPOディスプレイに切り替えることで、2023年までには支配的な技術になる

いくつかの噂によると、今年のiPhone 13は新しいLTPOディスプレイ技術を使用して、ProMotionの高リフレッシュレートを実現します

現在、ディスプレイアナリストのRoss Young氏は、この予想を裏付けるように、AppleがLTPOを採用することで、今後2年間はLTPOが主流のディスプレイ技術になると述べています

ヤング氏はTwitterに投稿し、DSCCは現在、米国市場におけるシェアの割合で、2023年末までにLTPOディスプレイ技術がLTPOS AMOLEDスマートフォンを追い越すと予想しています

これは、Apple社がiPhoneのラインナップでLTPOへの移行を計画していることと一致します、先月のThe Elecの報道によると、SamsungはiPhone 13のために低温多結晶シリコンTFT OLEDディスプレイの製造をLTPO OLEDの製造に転換するとのことです

スポンサーリンク


The Elecが入手したUBI Researchの調査によると、「Samsung Displayは有機ELディスプレイのラインアップをLTPOに変更し、年内にAppleに供給する予定」です

AppleのLTPO (低温多結晶酸化物) ディスプレイへの切り替えによって、iPhone 13はバッテリー寿命に大きな影響を与えることなく120Hzのリフレッシュレートを提供できるようになります

ProMotionは2017年からiPad Proのラインナップに搭載されていますが、ここでの大きな違いは、iPadがLCDを採用しているのに対し、iPhoneはOLEDを採用していることです

バッテリー駆動時間については、iPhone 13はiPhone 12と同様になると予想されます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)