米国のティーンエイジャー10人中9人近くがAppleのiPhoneを所有

米国のティーンエイジャー10人中9人近くがAppleのiPhoneを所有

Piper Sandlerが2021年春に行った調査 「Teens Taking Stock With Teens」 によると、アメリカのティーンの88%がiPhoneを所有しており、90%が次の携帯電話はiPhoneにすると予想しています、いずれも史上最高値となりました

「Teens Taking Stock With Teens」 は、平均年齢16.1歳の7,000人のティーンから情報を集める半年ごとの研究プロジェクトです

裁量的支出パターン、ファッショントレンド、テクノロジー、ブランドとメディアの好みは、全米の地理的に多様な高校のサブセットを調査することによって評価されます、プロジェクトが2001年に開始されて以来、Piper Sandlerは201,800人以上の10代を調査し、10代の支出に関する4,970万以上のデータを収集しました

スポンサーリンク


Piper Sandlerによると

  • 地域別の回答は、南部が48%(対秋季42%)、北東部は10%(秋季と同じ)
  • ティーンの88%がiPhoneを所有しており、90%がiPhoneが次のスマートフォンになると予想している。いずれも史上最高値
  • 1位はChick-Fil-A、2位はStarbucks(シェア増加)、3位のChipotleはシェアが300bps増加して11%(前年は8%)、McDonald’sはシェアが200bps減少したものの、トップ5ブランドであることに変わりはありません
  • ビデオゲームは、ティーンの財布シェアの9%(前年は8%)、53%が次世代ゲーム機の購入を期待し、4%がすでに所有している
  • 10代の若者は1日のビデオ消費の32%をNetflixで消費しており、YouTubeがそれに続く (31%)、Primeとその他のストリーミングが増加
  • 10代の支払い方法のトップは (今でも) 現金で、Apple Payがそれに続き、Venmoは最も利用されている決済アプリです
  • Nikeはティーン向けファッション・ブランドのトップで、前年比200bps増、Nikeはフットウェアブランド第1位―対前年同期比900bps増
  • 最も人気のあるソーシャルメディアプラットフォームはSnapchatで (シェア31%) 、次いでTikTok (30%) 、Instagram (24%、前年比700bps減)が続いています

(Via Piper Sandler.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)