2021年のiMacには大きなデザイン変更、Mシリーズチップが搭載される可能性

2021年のiMacには大きなデザイン変更、Mシリーズチップが搭載される可能性

2020年は間違いなくAppleにとって良い年でした

今年、Appleは多数の新しいデバイスを発表すると予想されており、そのうちのいくつかはマイナーアップデートであり、他は重要な新バージョンです

Mark Gurman氏が、Appleの2021年のロードマップを明らかにしました、AppleはiPhone、MacBook Pro、MacBook Air、iMacの最新版を発表すると予想されています

Gurman氏によると、Appleは2021年にMacBook Pro、MacBook Air、iMacの大幅な新バージョンを計画しており、すべての新製品はAppleの新しいMシリーズプロセッサを搭載し、Intel時代に終止符を打つことになるでしょう

特にiMacは10年近くデザインが変わっていないので、注目しています

2021年のiMacは現行のものとは全く違うものになるでしょう、Appleはスリムなベゼルを採用して、がっちりとしたiMacのベゼルを捨てることになりそうです

スポンサーリンク


Gurman氏は、新しいiMacはApple Pro Display XDRによく似ているかもしれないと述べています、彼はまた、新しいiMacは今年中に発売される可能性があると主張しています、これは、Appleが今年10月に2021年モデルのiMacを発売すると主張する最近の噂と一致しています

Appleは2012年にiMacのデザインを発表していますが、そのデザインはほとんど変わっていません、今年、iMacは大幅なデザインのオーバーホールを受け、AppleのMシリーズチップを搭載してデビューすることになります

以前の報道では、AppleはIntelシステムの制限のために新しいデザインを導入できなかったと主張していました、新しいiMacはM1(またはM2)チップを搭載することになるので、今はもう問題ではありません

新しいiMacは、現在の膨らんだデザインとは対照的に、よりフラットな背面を備えている可能性が高く、おそらくこれは、Appleのシリコンプロセッサの少ない冷却ニーズに起因しているものと思われます

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)