Apple初のARヘッドセットは高価で重い、2022年に発売の可能性

Apple初のARヘッドセットは高価で重い、2022年に発売の可能性

iOS 13とiOS 14には、AppleがARヘッドセットを開発しているという複数の情報があります、Appleが最初のARヘッドセットを2022年に発表し、続いて203年に洗練されたApple Glassを発表するという噂が広まっています

Bloombergのレポートでは、Appleの最初のAR / VRヘッドセットについて詳しく説明しています

N301と名付けられた同社初のARヘッドセットは、「より野心的なAR製品への高価でニッチな先駆的製品」となる予定で、発売までにはまだ時間がかかりそうです

伝えられるところによると、ARヘッドセットは多くの開発ハードルに直面しており、Appleは販売期待を低く設定しています

これはVRヘッドセットを大衆に提供するという同社の困難な課題を明確に示しています、ARヘッドセットがiPhoneのようにヒットすることを期待しているのではなく、開発者をプラットフォームに取り込むためのハイエンド製品として開発しています

多くのインサイダーは、Appleが小売店ごとに販売するヘッドセットは一日一台だけで、年間販売台数は約18万台になると考えています、ヘッドセットは市場の他の類似製品よりも高価になると予想されているため、この価格設定も抑止力になるでしょう

ほとんどのARヘッドセットは現在500ドルから900ドルの間で販売されていますが、AppleのARヘッドセットは1,000ドル前後になる可能性が高いです

スポンサーリンク


同社は、競合他社が使用しているものよりも高解像度のディスプレイ、高速のプロセッサ、およびチップをARヘッドセットに使用することを計画しています

レポートによると、一部のチップはM1Macよりも優れたパフォーマンスを発揮します、ヘッドセットのプロトタイプの1つは、効率的な冷却のためのファンを備えていますが、これによりプロトタイプが重くなり、初期のテストで首が疲れました

Appleは、VRガジェットが通常、眼鏡をかける必要があるユーザーのために確保しているスペースを取り除き、ヘッドセットを顔に近づけ、サイズを縮小することに成功しました

レポートでは、Apple初のARヘッドセットは、3Dゲームや動画視聴、ARコミュニケーションに適した表示をすると指摘しています、現実世界のオブジェクトに情報をオーバーレイして表示する機能は限定されるとのことです

スポンサーリンク


Appleは、HTCやソニー、Oculusなどが提供する他の同様のARヘッドセットに対抗するため、2022年にこのARヘッドセットを発売する予定です

また、Appleは、ユーザーがテキスト入力のために仮想的に空中で入力できるように、ハンドトラッキング用のカメラのテストも行っています

AppleはARヘッドセットにどのようなコンテンツを搭載するかについて、まだ検討中で、同社はARに強気であるにもかかわらず、この技術はまだ初期段階にあり、今のところ使用例は非常に限られています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)