AppleのApp Storeの昨年の総売上は少なくとも640億ドルだった

AppleのApp Storeの昨年の総売上は少なくとも640億ドルだった

CNBCの分析によると、AppleのApp Storeは2020年に640億ドル以上の収益を上げ、SensorTower Store Intelligenceのデータによると、AppleのApp Storeの消費者支出は723億ドルで、前年比30.3%増でした(2019年は555億ドル)

CNBCの分析によると

COVID-19の大流行の間、人々が家に避難し、アプリやゲームにより多くの時間とお金を費やすようになったため、App Storeの売上は大きく伸びました

CNBCの分析によると、App Storeの売上高は2019年の3.1%増から2020年には28%増となりました

Appleは、App Storeの年間収益がどれくらいなのかは公表していません、代わりに、2013年以来、それは1月にAppleが2008年にApp Storeを開始して以来、開発者に支払った総額を含むデータポイントを発表しています

これらの数字を使って、App Storeが年間にデベロッパーに支払った金額に基づいて得た収益の概算を割り出すことができます

プレスリリースによると、Appleは2008年以来、開発者に2,000億ドルを支払っており、これは2020年1月に発表された数字から450億ドル上昇しています、これがApp Storeの売上の70%に相当するとすると、App Storeの昨年の総売上は約640億ドルとなります

Appleのデジタル売上の30%という数字にはいくつか例外があり、Appleの数字は大まかなもので、AppleのApp Store総売上高はさらに高くなる可能性が高いと考えられます

スポンサーリンク

SensorTowerの分析によると

世界的に見ると、App Storeでの消費者支出は723億ドルに達し、2019年の555億ドルから前年比30.3%増となりました

これは例年通り、ユーザーがGoogle Playに費やした金額を上回り、2019年の297億ドルから前年比30%増の386億ドルとなっています

App Storeの方がPlayストアよりも87.3%も消費者支出が多く、両プラットフォームともほぼ同じ前年比成長を遂げています

(Source CNBC. SensorTower, Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)