mini-LEDディスプレイ搭載のMacBook Airが2022年に登場か

mini-LEDディスプレイ搭載のMacBook Airが2022年に登場か

DigiTimesの新しい報告書は、Appleの最も人気のあるノートブックであるMacBook Airが2022年にmini-LEDディスプレイ技術を採用するという以前の予測を確認しました

情報筋によると、Appleの11インチおよび12.9インチのiPad Proと16インチのMacBook Proは2021年に発売予定で、mini-LEDディスプレイが搭載され、2022年にはmini-LEDの採用がMacBook Air製品にも拡大されると言います

Appleは、自社のモバイル製品とデスクトップ製品に順次mini-LEDディスプレイを展開する準備を進めています、この記事は、アナリストのMing-Chi Kuo氏が、「より手頃な」 MacBook Airモデルが2022年に発売され、新しいMacBook Proが2021年に発売され、外観が一新されると予測した昨年12月のリサーチノートを裏付けています

mini-LEDディスプレイの利点

従来のLEDバックライトディスプレイでは、いくつかの強力なLEDライトを使用してピクセルを照らします、Mini-LEDテクノロジーでは、最大1万個の小さなLEDを個別に使用して、HDRビデオで重要な画像の狭い領域の輝度を管理できます

mini-LEDは、より豊かな色、より深い黒、より優れたコントラストなど、LEDおよびOLEDパネルよりも優れた他の利点も提供します

スポンサーリンク


Appleの5,000ドルのPro Display XDRは、技術的にはmini-LEDを使用していないが、バックライトモジュールに576個のLEDライトを搭載しています

ディスプレイに搭載されている576個のLEDはそれぞれ個別に校正され、その光プロファイルが保存されています、Appleによると、アルゴリズムはこの情報を使用して、各LEDが可能な限り最良の画像を生成するために変調されるべき正確な光強度を決定します

iPadのmini-LED採用

次の12.9インチiPad Proでは、デザインに大きな変更は見られませんが、ハードウェアに関しては、このタブレットはmini-LEDバックライトとAppleの次世代カスタムチップを採用すると予想されています

それだけではなく、実際、Kuo氏は次の12.9インチiPad ProがApple初のmini-LEDバックライト搭載デバイスになると予想しています

(Via iDownload Blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)