Apple Silicon M1 MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniの問題とその解決方法

Apple Silicon M1 MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniの問題とその解決方法

Apple Silicon M1ベースのMac mini、MacBook Air、MacBook Proは、性能と効率の面で新しい基準を設定しました

これらはIntel版よりも飛躍的に優れていますが、第一世代の製品ということもあり、独自の問題を抱えています、Apple Silicon M1 Macが採用した初期のモデルは、Bluetoothの問題、一部の主力アプリとの互換性の問題、バッテリの異常な消耗などについて不満がありました

すでにM1ベースのMacBookを購入している場合、または休暇中に購入する予定の場合は、M1ベースのMacBookの主な問題と、それらを修正するためのトラブルシューティングです

信頼性の低いBluetooth接続

多くのM1 MacBookユーザーは、Bluetooth接続の信頼性が低いことに不満を持っています

キーボード、マウス、マイク、またはその他のBluetoothアクセサリを使用して、在宅勤務中に作業を行うことを計画している可能性があるため、これは頭を悩ませる問題です

AppleはMacBookから物理ポートの数を着実に減らしてきており、現在はUSB-Type Cポートが2つしかないため、多くのユーザーが周辺機器をワイヤレス接続に依存することになり、それが機能しない場合は大きな問題となります

Appleは通常、OSアップデートに関するこのような重大な問題に迅速に対応します、「システム環境設定」 から最新バージョンのmacOS Big Surにアップデートして、Bluetooth接続をもう一度試してみます

スポンサーリンク

Microsoft Teamsとの互換性問題

Microsoft Teamsの利用は今年急増しました、Microsoft 365エコシステムに投資しているほとんどの企業は、他のソリューションよりもMicrosoft Teamsを好みます、もしMicrosoft Teamsを頼りに仕事をしているのなら、不快なニュースがあります

Microsoft Teamsは、M1ベースのMac上でRosetta 2を介してのみ機能します、バックグラウンドで常に動作するものには望ましいエクスペリエンスではありません

このため、デバイスのパフォーマンスとバッテリ寿命を妨げます、ネイティブに対応までの間、チームを説得してSlackに移行させることもできます、または、Webインターフェイスを介してMicrosoft Teamsを引き続き使用できます

Google Backup&Syncとの互換性の問題

GoogleのBackup&Syncや他の多くのアプリは、M1 MacBook AirやMacBook Proでは互換モードで実行しても動作しません

ここでできることはあまり多くなく、ユーザーはデベロッパーがApple Siliconサポートしたアプリにアップデートするまで待つ必要があります

MicrosoftEdgeとの非互換性

Microsoftのブラウザの新バージョンはまだ正式には配布されていませんが、興味のあるユーザーは、Microsoft Edge Canary Channelからダウンロードできます、Microsoftは12月17日、 「Microsoft Edge」 の開発者向けバージョンがAppleのARMプロセッサをネイティブサポートするようになったことをTwitterで発表しています

Microsoft Edge Canary Channel 00001

スポンサーリンク

Adobeのアプリが正しく動作しない

Adobeは現在、LightroomをM1アーキテクチャ向けにベータテスト中だが、Photoshopは来年のいつ頃になるかわかっていません

M1 MacBook AirやMacBook Proを使っている人は、Photoshopの代替品を試してみてください

人気の写真編集ソフトウェアであるPixelmator Proは、すでにMacのUniversal互換です、またMacBookのM1 CPUとすでに互換性のあるAffinityのクリエイティブなアプリを試すこともできます

バギーで互換性のないアプリケーション

パフォーマンスに影響を与えない優れたバッテリ持続時間は、M1ベースのMacBookの最大のセールスポイントの1つです、ただし、実際の使用シナリオは人によって異なる場合があります

M1 Macは新しいプラットフォームをベースにしているため、既存のMacアプリが正しく動作しない可能性があります、技術的には、Rosetta 2を使用して実行できるかもしれませんが、エクスペリエンスが常に完璧であるとは限りません

Rosetta 2を使ってアプリを実行する際の問題は、最初の起動に時間がかかり、奇妙な動作をして異常なバッテリー消費を引き起こす可能性があることです

一見したところでは動作しているように見えるアプリもありますが、低レベルのAPIに依存しているとクラッシュする可能性があります

工場出荷時の状態にリセットすると、M1 Macが壊れることも

これはまれなケースですが、MacBookAirまたはMacBookProを出荷時設定にリセットしようとすると、故障することもあります、その場合は、最寄りのAppleサービスセンターに行くしかありません

スポンサーリンク

突然のクラッシュと黒い画面

オンラインフォーラムでは、MacBook ProのM 1バージョンが突然クラッシュして再起動したと報告するユーザーもいます、さらに、一部のユーザーは、デバイスが不可解に黒い画面を表示すると報告しています

他のユーザーは、最新バージョンのBigSurを実行しているM1 Macでランダムに再起動することに気づきました

Big Sur自体はメジャーなOSアップグレードであり、M1プラットフォームも新しいため、このような問題は必ず発生します

AppleがM1 Macでこれらの安定性の問題を解決するのは、時間の問題であるはずです

限られた外付けディスプレイのサポート

Intel Macより優れたパフォーマンスを提供しているにもかかわらず、M 1 Macの主な問題の1つは、外付けディスプレイのサポートが限られていることです

M1 Mac mini、MacBook Pro、MacBook Airは6 K Pro Display XDRをサポートしていますが、MacBook Pro、MacBook Airは外部モニタは一度に1台しかサポートできません、パワーユーザーにとって大きな問題となるはずです

ありがたいことに、M1 Macで最大6台のディスプレイを使用することができるこの制限に対する回避策はあります

(Via iPhone Hacks.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)