日本の公正取引委員会、AppleのApp Storeへの調査を強化

日本の公正取引委員会、AppleのApp Storeへの調査を強化

日本の独占禁止法当局は今週、AppleのApp Storeの慣行を注視していくと述べました

公正取引委員会はApp Storeのガイドラインに関する公式調査を開始するまでには至りませんでしたが、公正取引委員会はAppleのビジネスをより詳細に監視すると述べたとBloombergは報じています

どのようなプロセスを経て、どのような監視措置を講じるのかは不明ですが、政府の圧力と並行して、多くの企業がAppleのビジネスを監視しています

政府の圧力と並行して、この地域の一部のゲームメーカーは、AppleのApp Storeの管理に反対の声を上げているが、この動きは、強制料金よりもコミュニケーションと開発者との関係を重視しているようです

庄司誠氏はBloombergに対し、「Appleのアプリのレビューは曖昧で主観的で不合理なことが多い。Appleの開発者への対応は、無愛想でお決まりのものであることが多いが、それにもかかわらず、多くの場合、礼儀正しくしなければならない。」と述べました

庄司氏はPrimeTheory Inc.の創設者で、同社は「iOS Reject Rescue」と呼ばれる、開発者がApp Storeの承認プロセスをナビゲートするのを支援するサービスを販売しています

スポンサーリンク


ゲーム開発者は、特にGoogleの「Android Play Store」と比較した場合、Appleの「App Store」の手続きは不透明で問題が多いと感じています

また、一様ではなく、場合によっては、App Storeの規則の適用と執行に矛盾があると指摘する人もいます

日本の開発者らは、AppleがEpic Gamesとの訴訟で注目を集めている中、App Storeの取り扱いを非難しています

Epicの行動は、日本の開発者を奮い立たせています、Bloombergが報じているように、Gumi Inc.の創業者で会長の國光博直氏は、Facebookの投稿で「Epicに勝ってほしいと心から思っている」と報復の危険を冒しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)