Apple、 iPhone SEをインドで現地生産する計画を認める

Apple、 iPhone SEをインドで現地生産する計画を認める

Appleは月曜日、インドでiPhone SEを現地生産する計画であることを認めています

報道によると、Appleは6月、中国に拠点を置くサプライヤーの一部に対し、最も手頃な価格の携帯電話の部品をインドの製造パートナーに出荷し始めるよう伝えたとしています、この措置により、インドに重くのしかかっている輸入税が緩和されます

Appleの広報担当者は先頃、The Times of Indiaに対し、これらの計画を認め、「iPhone SEは、最も人気のあるサイズに最も手頃な価格で最も強力なチップを搭載しています、インドで現地の顧客のために製造できることに興奮しています」と述べています

The Timesによると、AppleのサプライチェーンパートナーであるWistronは、同社が既にiPhone 7を生産しているBengaluru近郊の工場でiPhone SEを生産する予定だと述べています

スポンサーリンク


報道によると、Appleはインド国内でiPhone 12モデルの生産も計画しており、インドで生産される端末の最初のバッチは2021年半ばに発売される予定だと言います

Appleはまた、インドでの小売拠点の拡大も進めており、2021年には初のIndian Apple Storeをオープンする計画です

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)