Apple、新型コロナウイルスが原因で閉鎖していた米国の一部のApple Storeを再開予定

Apple、新型コロナウイルスが原因で閉鎖していた米国の一部のApple Storeを再開予定

Bloombergは、Appleは、コロナウイルスの蔓延が続いているために2度にわたって閉鎖されているAppleの小売店舗の一部を再開する計画であることを小売従業員に通知し始めたと伝えています

現時点ではどの店舗が再開されるのかは不明ですが、従業員には今週中にも差し迫った店舗のオープンを期待するように伝えられています

最初のCOVID-19のロックダウンの後、Appleは5月に店舗を再開し始めました、しかし、アウトブレイクが急増したとして、6月下旬と7月上旬に再びそれらを閉鎖し始めました

再開したり、パンデミックの中で開いたままになっている他の店舗では、Appleは安全対策を実施しています、マスクは、店舗内で必要とされ、一度に店舗内で許可された人々の数は、社会的な距離を可能にするために制限されます

スポンサーリンク


また、Appleは温度チェックを実施したり、従業員との距離を保つために店舗を再配置したり、頻繁に清掃を行ったりしています、再開している店舗のほとんどは、当面は予約制で営業すると従業員に伝えられています

ここ数ヶ月の間にAppleは、その小売店の100以上の場所を閉鎖することを余儀なくされています

閉鎖中の小売店の従業員は、オンライン販売やサポートポジションに再割り当てされています、再配置された従業員は、現時点ではそれらの役割にとどまることになりますが、Appleは、それぞれの場所のニーズに基づいて、小売店に戻される可能性があると通達しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)