Apple、投票アプリを拒否して香港の抗議運動を妨害したと非難

Apple、投票アプリを拒否して香港の抗議運動を妨害したと非難

香港のPopVoteは、香港で最近発動された国家安全法に抗議するために作られたアプリであり、投票プラットフォームでもあるが、その開発者たちは、AppleがApp Storeへの登録を拒否することでこのタイトルを検閲していると主張しています

Quartzによると、Appleは当初、PopVoteのコードに問題があるとして却下したが、その後、同アプリのアップデート版をレビューしなかったと言います

香港の民主化運動の主催者によって開発されたPopVoteはAndroid版として承認され、現在Google Playストアで公開されています

このアプリは、先週末に行われた非公式予備選挙で投じられた60万以上のデジタルおよび紙投票の一部を記録するのに役立っています

スポンサーリンク


「Appleに検閲されていると思います」と、投票プラットフォームのITアドバイザーであるEdwin Chu氏は発言しています

投票に先立ち、地元当局者は、この提案が7月1日に中国政府によって可決された国家安全保障法に違反すると解釈される可能性があると警告しました

Quartzの別の報道によると、中国政府の連絡窓口は、予備選挙を「違法」と言っています

同社は過去にも、香港での抗議行動に関して中国政府を支持したことがあるが、その決定は、言論の自由と人権の擁護者としてよく練られた公共の人格と矛盾するように思われます

Appleは昨年、デモ参加者が警察の動きを監視するために使用するアプリ 「HKmap Live」 を削除し、復活させ、最終的に削除しました

当時Appleの最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏はこの動きを擁護し、悪意ある人物が警察官を標的にして 「個人や財産を犠牲にする」ためにアプリを利用していたと述べました、また、Appleは政府関係者の要請により、中国のApp StoreからQuartzアプリを削除しました

中国政府の攻撃に反応して、香港からのユーザーデータの要求に応じなくなった企業もあります

Appleはまだそのような措置を取っておらず、先週の声明では、市当局からの指示を直接処理することはないと述べています

その代わり、Appleは米・香港相互法律援助条約に基づく米司法省の指針に従っています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)