Apple、カリフォルニアの住宅危機対策に4億ドル超を充当

Apple、カリフォルニアの住宅危機対策に4億ドル超を充当

AppleとHousing Trust Silicon Valleyは今年初めに提案を募集した後、官民パートナーシップによる最初の4つのプロジェクトに資金を提供し、北、東、南ベイ地域にまたがる手頃な価格の住宅開発を支援することになりました

地理的に多様なプロジェクトでは、250戸以上の手ごろな価格の住宅が新たに建設され、その多くは退役軍人、ホームレスやかつてホームレスだった人、発達障害のある人たちのために用意されています

AppleはCalHFAとの提携により、これまでに何百人もの初めて住宅を購入する人たちに住宅ローンと頭金の援助を提供してきましたが、教師、退役軍人、消防士にも追加の特典を提供しています

Apple California s housing crisis 00002 z

スポンサーリンク


CalHFAの支援プログラムは、低所得者や中所得者の初めての住宅購入者を支援するもので、州の多様性を反映しています

また、Appleは今月、CalHFAと共同で、カリフォルニア州では初めてとなる手頃な価格の住宅投資支援プログラムを開始しました

このプログラムは、カリフォルニア州が今後5年間で追加の手頃な住宅ユニットを生産するための重要なツールとなることが期待されています

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)