Appleの最高経営責任者(CEO)、Tim Cookの2019年の報酬総額は1億3,300万ドル超え

Appleの最高経営責任者(CEO)、Tim Cookの2019年の報酬総額は1億3,300万ドル超え

Appleの最高経営責任者 (CEO) であるTim Cook氏は、Bloombergが2019年に発表した最高経営責任者 (CEO) および最高経営責任者 (CEO) のランキングで、2019年に米国で2番目に高い報酬を受けており、Bloombergの集計では、Cook氏は合計133,727,869ドルの報酬を受けていました

Cook氏の報酬のほとんどは、株式報酬とそれに関連する業績ボーナスの形で提供されました、今年の初めにSECが報じたように、Cook氏の基本給は300万ドル、奨励金は770万ドルで、残りは今年中に付与された株式報酬によるものです

2019 Compensation Totale 00001 z

TeslaのCEO、Elon Muskは、この1年間で米国で最も給与の高いCEOで、6億ドル近くを受け取っています

Charger Communicationsの最高経営責任者 (CEO) Tom Rutledge氏、CBS Joseph Iannielloの元CEO代行、ChewyのCEO Sumit Singh氏、Blackstone GroupのCOO Jonathan Gray氏は、いずれも1億ドル以上を稼ぎました

その他のIT企業幹部は、Alphabetの最高経営責任者 (CEO) であるSundar Pichai氏が8,600万ドル、Intelの最高経営責任者 (CEO) であるRobert Swan氏が9,900万ドル、Microsoftの最高経営責任者 (CEO) であるSatya Nadella氏が7,700万ドルでした

Cook氏は定期的に慈善団体に寄付しており、過去には自身の財産の大部分を寄付する予定だと述べています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)