Apple、ARメガネ用半透明レンズの試作を開始

Apple、ARメガネ用半透明レンズの試作を開始

Appleが、Apple最大の契約メーカーであり、ほとんどのiPhoneの製造を担当している台湾のFoxconn Technologyと共同で、同社のARメガネ用の半透明レンズの開発に取り組んでいることが、The Informationで明らかになりました

事情に詳しい人物からの引用の記事によると、2ヶ月前の時点で、レンズ – 頭に装着するデバイスの最も重要な要素の一つと考えられている – プロトタイプの段階を通過し、試作に入ったとされます

Apple Glass 00001 z

スポンサーリンク


Wayne Ma氏とYunan Zhang氏がThe Informationに語ったところでは…

同関係者によると、レンズの量産は少なくとも1~2年先で、最終的に製品化されるAR製品についても同じことが言えます、この製品は、Appleが確実に数百万台を製造できるまで、生産を増やすという長いプロセスを経なければなりません

The Informationは以前、Appleが2022年にARヘッドセットを、2023年にはおしゃれなARメガネを発売することを目指していると報じていました

事情に詳しい関係者によると、5月の時点で、これらのレンズはエンジニアリング検証テスト (EVT) と呼ばれる段階に入っていた。その間、Appleはデザインをロックダウンしており、量産への適合性のテストを開始しています

レンズは3D映画グラスの技術に似た偏光システムを使用しており、立体画像を使って奥行きのある錯覚を起こすとその関係者は語っています

iPhoneと同様に、AppleのARメガネは全く新しい時代の到来を告げると予測されます

「iPhone以前」の時代と「iPhone以降」の時代の間に明確な線引きがあるように、AppleのARメガネもそうなる可能性があります

(Via The Information.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)