ApplのサプライヤーFoxconn、インドに10億ドルを投資へ

ApplのサプライヤーFoxconn、インドに10億ドルを投資へ

Foxconnは、台湾の契約メーカーがAppleのiPhoneを組み立てる南インドの工場を拡張するために最大10億ドルを投資を投資する計画だと、2つの情報筋は報じています

これまでにその規模は報告されていませんが、今回の動きは中国と米国の貿易戦争とコロナウイルスの危機によって混乱が生じている中で、Appleが中国から静かに段階的に生産拠点を移している一部です

この件を直接知る情報筋の1人はReutersに対し、「Appleはクライアントに対して、iPhoneの生産の一部を中国から移転する強い要求をしている」と述べています

Foxconnが計画しているSriperumbur工場への投資は、Appleの 「iPhone XR」 をチェンナイの西約50 kmに製造するもので、3年間にわたって実施される予定だとされています

Foxconnが中国で製造するAppleの他のiPhoneモデルの一部は同工場で製造される予定だと、両社の情報筋は述べていますが、両社の話し合いは非公開であり、詳細はまだ確定していないようです

関係者によると、Foxconnはタミルナードゥ州にある工場で約6,000人の従業員を新たに雇用します、同社はインド南部のアンドラプラデシュ州でも別の工場を運営しており、中国のXiaomi (小米科技) などのスマートフォンを製造しています

スポンサーリンク


インドは世界第2位のスマートフォン市場で、Appleは 1%ですがしばしば「iPhone」はステータスシンボルと見なされます

インドでより多くの携帯電話を製造することは、Appleはまた、その価格をさらに押し上げる輸入税を節約するのに役立ちます

Appleは、南部のテクノロジーハブであるBengaluruにある台湾のWistron Corpを通じていくつかのモデルを組み立てています

Reutersが以前報じたところによると、Wistronは新しい工場も開設する予定で、そこでApple製デバイスの製造を増やす計画です

Appleがインドでの存在感を拡大することは、新たな雇用創出を目指すモディ首相の旗艦「メイク・イン・インディア」にとって後押しになる可能性が高いです

(Via yahoo! Finance.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)