Apple、iCloudの新規アカウント向けの「マイフォトストリーム」を廃止

Apple、iCloudの新規アカウント向けの「マイフォトストリーム」を廃止

マイフォトストリーム

2011年から、iCloudの機能「マイフォトストリーム」は、無料のApple IDの標準機能の範囲に含まれています

ユーザーがiPhoneやMacでこの機能を有効にしていた場合、最新の写真は常に接続されたデバイスからiCloudにアップロードされ、30日間ここに保存されてました

Appleは、これらの写真が新しいiPhoneのスナップショットなのか、それとも同じ名前のMacアプリケーションの新しくインポートされた写真がアップロードされたのかには関わりなく、写真がすべてのデバイスに配布されていることが重要でした

ICloud MyPhoto 00002 z

「マイフォトストリーム」の背景と比較

iPhone、iPad、Macは新しい写真をフォトストリームに送信し、他のデバイスは新しい写真をチェックして、まだデバイスにない写真をダウンロードします、理論的には、すべてのデバイスは最新の状態に保たれ、フォトライブラリを共有する必要はありません、また、重要と思われる写真のコピーも自動的に配布されます

「マイフォトストリーム」では、1日あたり最大1万枚の写真を同期し、自動バックアップを実行できました

iCloud写真ライブラリの使用に関係なく以前から提供されていた機能により、AppleはMacとiOSデバイス間のケーブル接続を不要にし、デバイスプール全体にわたる連続的な画像マッチングを確保し、明確な制限のおかげで非常にデータ効率的に動作しました

スポンサーリンク

新規ユーザーは対象外

新しいiCloudユーザーにとっては、将来的になくてはならない素晴らしい機能です

ifun.deの読者であるHeikoが報告するには、AppleはApple IDを新しく作ったユーザーに「マイフォトストリーム」機能を提供しなくなったそうです

Appleは以前から、新規にiCloudを利用するユーザーにフォトストリームを提供しないようにするべきだと指摘していましたが、これまでのところ全面的に実施されているわけではありませんでした

Heiko氏はFreundeskreisのインストールヘルプで気づいたことを次のように報告しています

私は技術的に彼をサポートしているので、私は 「マイフォトストリーム」フォルダが写真アプリに存在しないことに気づきました、Appleのサポートとの長い接触の後、私はこの情報を得ました

つまり、新しいAppleユーザーは(新しいApple IDが最近作成されたので)私が知っているようにフォトストリームを使用することはできません、私はとても便利だと思っているので、これは非常に腹立たしいです、どうやらAppleは、5GBはすぐに使い切ってしまうので、有料のiCloudを使うように人々を促したいようです
本当はこれをAppleからの批判的なフィードバックとして書きたかったのですが、適切な場所が見つかりませんでした

Appleが言及しているiCloud写真のアップロード機能は、無料の5GBよりもあっという間に容量が大きくなりそうなiCloudフォトライブラリをすべてのデバイスで使うことを決めた人にしか使えないので、本当の意味での代替手段とは言えません

ICloud MyPhoto 00003 z

以前は、フォトストリームによって現在のiPhoneを購入するインセンティブがさらに高まりましたが、これからの新規ユーザーは有料の月額ストレージ付きiCloudフォトライブラリを利用しなければならないことになります

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)