AirPods 3はAirPods Proのような複雑なシステムインパッケージソリューションを採用の可能性

AirPods 3はAirPods Proのような複雑なシステムインパッケージソリューションを採用の可能性

TF SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleの次世代のインイヤー型AirPods製品は、現行バージョンで採用されている表面実装技術(SMT)に代わる、より複雑なシステムインパッケージ(SiP)チップソリューションに移行するとのことです

SiPソリューションへの移行により、AppleはAirPodsの内部により多くのコンポーネントを詰め込むことができるようになります

Kuo氏は以前、第3世代のAirPodsはAirPods Proのようなフォームファクターを持ち、2021年前半に発売されると主張していました、しかし、第3世代のAirPodsのエンドユーザーにとって、SiPソリューションへの切り替えがどのようなメリットをもたらすのかは不明です

次のAirPodsはAirPods Proのようなフォームファクターを備えているにもかかわらず、同社は通常のAirPodsとAirPods Proモデルの間の差別化要因としてそれを使用する可能性があるので、イヤホンにはアクティブノイズキャンセリン(ANC) 機能が搭載される可能性は低いです

スポンサーリンク


Appleのサプライヤーの数は、同社が第三世代のAirPodsのためのSiPソリューションに切り替えることから恩恵を受けることが期待されています

これには、AirPodsケースのヒンジを作るShin Zu Shingだけでなく、ボタン電池とケースのバッテリーをAppleに供給するVartaとSunwoda Electronicなどが含まれます

Kuo氏は、今年のAirPodsの出荷台数が65.1%急増すると予想しています

この背景にある大きな要因は、同社がiPhone 12のリテールボックスにEarPodsを同梱しないことを決定したことにあると考えられます、また、Appleは今年後半にAirPodsのプロモーションを開始する予定で、これにより需要が大幅に増加すると予想されています

しかし、2021年のAirPodsの出荷台数は前年比28%の成長に鈍化するとアナリストは予想しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)