ChromeアップデートでMacBookのバッテリー寿命が2時間延びる可能性が

ChromeアップデートでMacBookのバッテリー寿命が2時間延びる可能性が

バッテリを大量に消費

Google Chromeは、特にMacBookではバッテリーの消費量が多いことで知られています

Googleは長年にわたってmacOS上のWebブラウザのパフォーマンスと電力効率を改善してきましたが、Safariほど電力効率が良いものはありません、Microsoft Edgeでさえ、Chromeよりもパフォーマンスが良いようです

現在、ノートパソコンのバッテリー駆動時間を劇的に改善するChromeの新バージョンがテストされています

GoogleはChrome v86の実験的な機能をテストしており、消費電力を改善しています

このバージョンのChromeは、バックグラウンドで実行されているタブ内の不要なJavascriptタイマーやトラッカーをシャットダウンすることで、消費電力を節約します

これらのトラッカーには、Webページのスクロール位置をチェックするものも含まれており、アクティブでないタブではあまり必要とされていません

スポンサーリンク

2時間の改善

Googleは、バックグラウンドで36個のタブとフォアグラウンドで1個のタブを含むテストで、バッテリー駆動時間を最大2時間改善することができたと報告されています

誰もがGoogle Chromeで36個のタブを保持しているわけではなく、極端なテストではありますが、ちょっとしたことをいじることでパフォーマンスが向上し、電力効率が向上するということを知ることができます

また、Googleは新バージョンのChromeでYouTubeの動画を再生してテストしたところ、バッテリーの持ちが30分以上改善されたと言います

この新機能はChrome v 86ベータ版でのみフラグとして利用可能であり、GoogleがこのWebブラウザのパブリックバージョンを出荷するかどうかは定かではありません、しかし、この機能はデスクトップ版とモバイル版の両方のChromeに搭載されています

新しいバッテリ節約機能がChrome v86パブリックビルドで提供される可能性は低いですが、Webブラウザの今後のバージョンに搭載されることは期待できます

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)