Apple、中国が課した香港の国家安全保障法を「評価」している

Apple、中国が課した香港の国家安全保障法を「評価」している

中国が6月末に香港に課した掃討的な新国家安全保障法は、旧イギリスの植民地で与党の共産党への反発を弾圧するのが目的としています

Appleは、中国が香港に課している国家安全保障法を「評価する 」しています

Human Rights Watchの中国担当ディレクターであるSophie Richardson氏はThe New York Timesに対し、Appleのロゴは「この法律には限界がないように見えるという点で破壊的である」と語っています

「香港の活動家たちは、ほとんど権利を尊重する環境で活動してきたが、今では恐ろしいほどの空白に直面しています」

Bloombergが伝えるところによると…

Appleは、抗議活動を犯罪化することへの懸念に火をつけた香港の新しい国家安全保障法を「評価 」していると述べています

「Appleは常に、地元の法執行当局からのすべてのコンテンツ要求が、米国と香港の間で施行されている相互法的援助条約を通じて提出されることを要求してきました」と述べています、その過程で「米国司法省は香港当局の法的適合の要求を審査します」

スポンサーリンク


Google、Twitter、Facebookを含む他のテクノロジー企業は、新法の見直しに伴い、香港政府からのユーザーデータ要求の処理を一時停止すると述べています

Appleが香港向けに発表した最新のプライバシー透明性レポート(2019年1月~6月)によると、同社が受け取ったユーザーデバイス情報の要求は358件、不正取引に関連する要求は155件、アカウントデータの要求は2件となっています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)