AppleのチップメーカーTSMCは、iPhone 12向けの「A14」チップを8,000万個準備している可能性

AppleのチップメーカーTSMCは、iPhone 12向けの「A14」チップを8,000万個準備している可能性

AppleのチップメーカーTSMCは、次世代iPhone 12向けに8,000万個の「A14」チップを準備しているとリーカーのl0vetodreamは報告をしています

興味深いことに,これは一部のiPhoneの注文が半分に減らされたという最近の報道に続くもので、これ情報が正確であれば、AppleがiPhone 12に大きな期待を寄せていることを示唆しています

AppleのチップメーカーTSMCは、5ナノメートルプロセスを用いてA 14チップを製造していると報じられていいます、これは、最初の5nmのモバイルデバイスの一つになり、Appleはチップ間のサイズを縮小することによって、チップ上に多くのトランジスタを搭載することができ、これにより、パフォーマンスが大幅に向上するはずです

その過程で、2018年のA12 Bionicチップに似たような飛躍がある可能性があります

これは、7ナノメートルプロセスで製造されたモバイルチップを搭載する最初のスマートフォンの1つでした、A12チップはAppleの2018年最大の偉業だとして挙げられていました

スポンサーリンク


AppleはiPhoneのモデルごとに正確な内訳を公開していません、そのため、これが昨年の注文とどのように比較されるのかを正確に言うのは難しいですが、需要の欠如でアナリストが懸念を示している 5G携帯電話の需要は吹き飛ばされる可能性があります

今年、Appleは4つの異なるモデルを発売するとの噂があり、これら4つのモデルすべてにA 14チップが搭載される可能性があります

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)