Apple Siliconを搭載したMac miniの最初のベンチマークが公開

Apple Siliconを搭載したMac miniの最初のベンチマークが公開

Apple Silicon Developer Transition Kitの最初のベンチマークでは、Appleが開発用ハードウェアの中でA12Z Bionicチップのクロックをわずかに下回っており、Rosetta 2もパフォーマンスに影響を与えていることが明らかになりました

AppleがIntelチップからApple Siliconへの移行とWWDC 2020でのDeveloper Transition Kitの作成を発表してから1週間、DTKの最初のベンチマークが浮上しています

Geekbench 5のオンラインブラウザ「VirtualApple」で見つかった結果から、DTKの識別子と思われる「eperm-d995af6e2ef02771」という名前を持つシステムが明らかになっています

パフォーマンス面では、シングルコアテストで736~844ポイント、平均811ポイントという結果になりました、マルチコアのベンチマークでは、2,582ポイントから2,962ポイントの範囲で、平均2,781ポイントとなっています

これらの結果は、同じくA12Z Bionicを採用している12.9インチiPad Proのシングルコア1,118ポイント、マルチコア4,625ポイントのベンチマークよりもかなり低いのですが、その理由はいくつかあります

まず、AppleはiPad Proラインの2.5GHzクロックではなく、DTKでは遅い2.4GHzでA12Zを実行しています、しかし、現時ポイントではこれがなぜそうなのかは明らかではありません

スポンサーリンク


もう1つの干渉要因は、ベンチマークそのもので、Apple Silicon上で動作するARMベースのネイティブアプリを使うのではなく、Geekbench 5のmacOSクライアントを使ってベンチマークを行っている可能性があります

AppleはIntelベースのMac向けアプリをApple Silicon上で動作するように変換するトランスレータとしてRosetta 2を導入しているため、ベンチマークのスコアに影響するオーバーヘッドが発生する可能性が高いです

ベンチマークは、現在のMac miniモデルの結果を下回っているため、残念に思う人もいるかもしれませんが、まだ心に留めておくべきポイントがいくつかあります

まず、DTKは開発者がApple Siliconベースの新しいMacのために開発中のソフトウェアをテストするためのシステムであり、Apple Siliconの性能を示すものではありません

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)