Rosetta 2の下でのAppleのA12Zは、MicrosoftのネイティブARMベースのSurface Pro Xに勝る

Rosetta 2の下でのAppleのA12Zは、MicrosoftのネイティブARMベースのSurface Pro Xに勝る

A12Z iPad Proチップを搭載したAppleのDeveloper Transition Kitが今朝から開発者の手に届き始めています

複数のGeekbenchの結果によると、iPad Proチップを搭載したMac miniであるDeveloper Transition Kitは、シングルコアの平均スコアが811、マルチコアの平均スコアが2,871となっています

複数のGeekbenchの結果によると、iPad Proチップを搭載したMac miniであるDeveloper Transition Kitは、シングルコアの平均スコアが811、マルチコアの平均スコアが2,871となっています

Apple Silicon benchmark 00001 z

スポンサーリンク

開発者のSteve Troughton-Smith氏が指摘するように、Mac miniに搭載された2年前のA12Zは、GeekbenchのパフォーマンスでMicrosoftのArmベースのSurface Pro Xを上回り、エミュレーションでx86_64コードを実行しているため、Surface Pro XがArmバージョンをネイティブで実行するよりも速く実行できます

7つのGeekbench 5ベンチマーク結果を平均すると、MicrosoftのSurface Pro Xのシングルコアスコアは726、マルチコアスコアは2,831となっており、シングルコアテストではA12ZがSurface Pro Xを上回り、マルチコアパフォーマンスでは同等かそれよりわずかに優れています

Surface Pro Xは、Qualcomm SQ1チップをベースにMicrosoftが設計した3GHz Armプロセッサを搭載しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)