6月22日(日本時間6月23日)のWWDC 2020 基調講演で期待されること

6月22日(日本時間6月23日)のWWDC 2020 基調講演で期待されること

AppleのWWDCの基調講演は、世界中のAppleファンにエキサイティングな新製品のアップデートや製品が市場に投入される際のピークを提供する、一年で最も輝かしいイベントの一つです

今年のビッグニュースは間違いなく、何年も期待を裏切られてきたIntelプロセッサから離れることでしょう

AppleはARMベースのMacなどに対するビジョンを発表する予定です、このような大規模な移行に加えて、Appleはソフトウェアとハードウェアに関連する興味深いものを数多く発表する予定です

BloombergのMark Gurman氏が、期待できるものを紹介しています

2017年2月、AppleがARMベースのMacBookを開発しているという噂が流れ始めました

Gurman氏はそれ以来、この開発に関するニュースを継続しており、Appleがこの移行を米国時間11月9日に大ヒットニュースのトップとして発表する可能性が高いと考えています

「この移行により、開発者はハードウェアをサポートするためにアプリをアップデートせざるを得なくなるが、これには時間がかかる可能性があります」とはいえ、Appleはそれを簡単にする新しいツールを導入するかもしれません

Gurman氏は、次のように付け加えています

Macチップへの大きな移行に加えて、macOSオペレーティングシステムのアップデートでは、iOSアップデートのコンピュータへの移植が改善されています。Appleはまた、Apple TVセットトップボックスのソフトウェアのマイナーなアップグレードを年内にも発表する予定で、Apple Watchには新しい文字盤、子供向けのモード、そして最も注目すべきは新しい睡眠追跡アプリが搭載される予定です

スポンサーリンク


2017年にAppleがBedditを買収した一方で、2018年からはユーザーが寝ている間にバイタルサインをモニターする「smart sheets」などの「smart bedding」のような新機能の特許を取得しています

また、Appleは2019年にも、睡眠中の慢性的な病状のモニタリングと管理をカバーする特許を取得しています

さらにGurman氏は、 「同社はHomePodスピーカーのアップデートも計画しており、その中には、Spotify Technologies SAが提供するようなサードパーティーの音楽サービスを利用する機能も追加する予定」と指摘しています、そして、今年後半に向けて、新しい小型のHomePodに取り組んでいます

iPhoneとiPadについては、Appleは、車のキーとして機能するiPhoneのための機能、Google翻訳のように動作する新機能、拡張現実のアプリを構築するための開発者のためのアップグレードされたツールとPodcastサービスへのアップデートを含むいくつかの新機能を発表すると予想されます

Appleはまた、iOSをサードパーティーアプリにも開放し、ユーザーがデフォルトのメールアプリやウェブブラウザを変更できるようにすることも検討しています

スポンサーリンク


ソフトウェアの更新は、新しいApple Watch、4つの再設計されたiPhone、新しいHomePodとApple TVボックスを含む、今年も起動する新しいハードウェアデバイスの範囲のための土台となります

同社はまた、最初のオーバーイヤヘッドフォンと、物理的な物体を見つけるためのアクセサリも計画しており、これらは新しいソフトウェアと統合される予定です

AppleはiMac (願わくば新しいデザイン)とMacBook Proをアップデートする計画です、今年中に実現するわけではないが、Phil Schiller氏率いるAppleのマーケティングチームが、将来のMacBookのための新しいアイデアを検討してくれると期待されています

去年、AppleはiPhoneのミッドナイトグリーンを発表しました、今年のキラーカラーはミッドナイトブルーと噂されています

(Via Patently Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)