Jony IveがAppleの幹部とVR/ARヘッドセットを巡って衝突

Jony IveがAppleの幹部とVR/ARヘッドセットを巡って衝突

AppleのVR/ARヘッドセットの野望が、Apple Technology Development Groupの幹部であるMike Rockwell氏と、昨年Appleを退社した元デザインボスのJony Ive氏との衝突を煽ったと、Bloombergの新しいレポートが報じています

記事では、AppleのVR/ARヘッドセットの開発を2015年後半まで追跡しており、AppleはApple Watch以来初の主要新製品となることを目指して、最大1,000人のエンジニアをプロジェクトに投入したと主張している。しかし、プロジェクトの方向性については意見が分かれています

VR AR head Set 00001 z

Bloombergの記者Mark Gurman氏は、Appleが2つのデバイスに取り組んでいると書いています

1つはコードネーム「N 301」と呼ばれるもので、VRとARをヘッドセットに組み合わせ、拡張現実画像を重ね合わせることができ、ゲームなどのVRコンテンツにも利用できるヘッドセットにVRとARの「最高のもの」を組み合わせるというものです

2番目のデバイスはコードネームN 421で、「ARだけを使った軽量のメガネ」です

スポンサーリンク


しかし、Gurman氏は、Jony Ive氏はその考えに同意しなかったと言います

Ive氏はおそらく、動作させるために別の据え置き型のデバイスが必要になるヘッドセットのアイデアが気に入らなかったのでしょう、代わりに、彼はウェアラブルに埋め込まれたすべての技術を使用して、独自に動作することができるAppleのヘッドセットを望んでいました

スポンサーリンク


この「こう着状態」は何カ月も続いたと伝えられています、Gurman氏によると、Appleの最高経営責任者であるTim Cook氏は最終的にIve氏を支持したと言います

このデバイスは現在、Appleでスカンクワークスのプロジェクトとして開発が進められています、チームメンバーは、おそらく近くのサニーベールのオフィスで「独立性を享受している」とされています

このデバイスは「超高解像度スクリーン」と「映画のようなスピーカーシステム」を搭載されており、プロトタイプは、おそらくほとんどが布製のボディを持つ小型のOculus Questヘッドセットのように見えます

Appleはまだ価格帯を決めていません、Gurman氏は、同社はプラットフォームのための独自のアプリストアを計画していると言います. それはSiriによって駆動されます

Bloombergは、Appleが最初のヘッドセットを来年発表し、2022年に発売する可能性があると主張しています、一方、AppleのARメガネは早くても「2023年までに」発売されるでしょう

これは、早ければ来年にも発売されるだろうと主張するJon Prosser氏の最近のレポートとは全く対照的です

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)