Appleは、4.7インチiPhoneの発売で小さなiPhoneに別れを告げる

Appleは、4.7インチiPhoneの発売で小さなiPhoneに別れを告げる

Appleの言う”小さな”iPhone

初代の4インチiPhone SEを発売してから4年後、Appleは4月、新しいiPhone SEを発表しました

ニュースを聞いて、小さな電話ファンが集合して喜びのためにジャンプしたと思います

iPhone 8のように見えますが、iPhone 11の強力なA13チップセットを備えたiPhone SEは、4.7インチのディスプレイを使用しています

Appleはそれは「小さな」iPhoneだと主張しています

そして、それは現在Appleのラインナップで利用可能な最小のiPhoneです (そして最も安い)、それはまた、今日の携帯電話の基準では比較的コンパクトです

また、特に6.2インチの画面を持つ人気のSamsung Galaxy S20と比較すると、今日の電話規格では小型です

しかし、2020年のiPhone SEは4.7インチで、4インチ画面の初代iPhone SEより約20%大きくなっています

何か本当に小さなものを求めているのであれば、iPhone SE 2020はその点では小さいとは言えません

新しい4インチのiPhoneを作らないというAppleの決断は、それを物語っています

それは、人々がどんなにひどくそれを切望しても、同社がおそらく小さなiPhoneに決して戻すことはないであろうことを示しています、だからといって、Appleが今後発売する一部のスマートフォンのサイズを縮小しないというわけではありません

IPhone SE 00002 z

個人的には大賛成です、私たちは2020年にいるので、私は大きいiPhoneが欲しいです

また、大画面では、より優れた没入型のユーザーエクスペリエンスを提供できるからです

私にとって「可搬性」は、それらのメリットに比べて後回しにされています

スポンサーリンク

もう”小さな”iPhoneには戻れない

しかし、iPhoneの何が大きくて何が小さいかについての私の認識は、長年にわたって進化してきました

もともと大画面を好んでいたわけではないし、「大きいほうがいい」という原則を信じていたわけでもありません

実際、4.7インチのiPhone 8は長年愛用してきました、財布に優しく、片手でも楽に使えるところが気に入りました

しかし、2018年に5.8インチのiPhone Xにアップグレードしたときには、それよりも小さなものに戻るのはほとんど苦痛でしかありません

(Via CNET.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)