Apple、今秋の5G iPhoneの発売を遅らせる可能性はない

Apple、今秋の5G iPhoneの発売を遅らせる可能性はない

今週の日経アジアレビューは、COVID-19コロナウイルスのエンジニアリングと供給の制約により、Appleは「最初の5G iPhoneの発売をおそらく延期する準備をしていると報じました

Loup VenturesのGene Munster氏は別の見方をしています。Munsterは、Appleがいつものように秋にiPhoneを発売する可能性が高いと考えています

Munster氏は次のように述べています

  • 私たちは、iPhoneがコンセプトから発売されるまでに通常3~4年かかると見積もっています。つまり、ある年の3月末までには、iPhoneのデザインやサプライチェーンとの計画に関する作業の大部分はすでに完了しているということです
  • 台湾セミコンダクター(TSMC)のようなAppleの最も重要なパートナーのいくつかを含む中国の製造と組み立ては、生産を開始しています。中国の生産は安定的に推移するとの見方(これはすぐに変化する可能性がある)から、サプライチェーンは9月末までに数百万台のiPhoneを供給する体制が整うはずであり、これまでの発売時の供給と同じような状況になるはずです

スポンサーリンク

10年計画の競争優位性

iPhone5Gの発売が遅れるという噂が流れている中、Appleがビジネスを数年ではなく数十年単位で計画していることを忘れてはならない

この優位性の中心にあるのは同社のバランスシートであり、予想外の事態を乗り切ることができます、COVID-19から金融危機、新しいiPhoneに対する初期需要の低迷まで、あらゆるものが対象です

予期せぬ事態を乗り越えるための計画を立てる余裕があることが、Appleが今後数年間、技術的なリーダーシップを維持し、拡大していく能力に自信を持ち続けている理由の一つです

(Via Loup Ventures.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)