新型コロナウィルスの影響で2月の中国でのiPhonenの販売は60%減

新型コロナウィルスの影響で2月の中国でのiPhonenの販売は60%減

Appleは、新型コロナウィルス(COVID-19)蔓延のために、旅行者および一般の人々の集会に対する制限を思考したため、2月の中国でのiPhoneの販売台数は50万台未満でした

具体的には、政府の統計によると、 Appleは2月に494,000台の電話を販売し、前年同月に販売された127万台のiPhoneと比較して60%減少しました

Appleは当初、iPhone 11などの販売の好調な四半期に続き、2020年1月から3月までの期間に630〜670億ドルの収益を予測していました

しかし、Appleは コロナウイルスが蔓延し、特に中国でiPhoneの生産と需要を混乱させたため、そのガイダンスを見逃すことを発表することを余儀なくされました

Appleは、多くの店舗が一時的に閉店し、中国の小売トラフィックが大幅に減少したと述べました、売り上げの減少は、運送業者や他の小売チェーンにも及んでおり、これらのチェーンも店舗を閉鎖したり、営業時間を大幅に短縮しました

スポンサーリンク


ほとんどの店舗は3月の時点で再開していますが、Appleの売上が通常の水準に戻ったかどうかは不明です

たとえ中国の需要が再び軌道に乗ったとしても、イタリアのような国々でも同様の抗コロナウイルス対策が展開されています

生産への影響も世界的な供給制約に繋がっています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)