Appleが新しいHomePodに取り組んでいるとの噂の中、Amazonのスマートスピーカーは2021年までマーケットを支配し続ける

Appleが新しいHomePodに取り組んでいるとの噂の中、Amazonのスマートスピーカーは2021年までマーケットを支配し続ける

Amazonは約70%

eMarketerの最新の報告によると、米国のスマートスピーカー市場ですでに支配的な地位を占めているAmazonは、2021年までこのリーダーシップを維持し続け、米国のスマートスピーカーユーザー全体の約70%がAmazon Echoデバイスを使用すると予想されています

2020年、米国のスマートスピーカーユーザーの69.7%がEchoを使用し、昨年の72.9%からわずかに減少します。対照的に、スマートスピーカーユーザーの31.7%がGoogleブランドのデバイスに目を向け、18.4%がApple HomePod、Harmon Kardon Invoke、Sonos Oneを含む他のスマートスピーカーブランドを使用します
US Smart speaker 00001 z
一部のスマートスピーカーユーザーは複数のブランドのスピーカーを使用しているため、これらのパーセンテージは100%以上になります

スポンサーリンク


Amazonは音声アシスタントを初めて市場に投入したわけではありませんが、2014年後半に米国で導入されたEchoと組み込みの音声アシスタントAlexaにより、スマートスピーカーの先駆者的優位性がありました

スピーカーをより簡単かつ直感的に使用できるようにする機能、また、Alexaを外部開発に開放し、数千のAmazonブランドおよびサードパーティのスマートホームデバイスとの互換性を促進しました

ただし、Echoは、主要な競合他社よりも英語以外の言語のサポートが少ないため、一部の国では競争力がやや劣ります

(Via eMarketer.)


ここ数年、AppleはHand offのサポート、マルチユーザー音声検出、アンビエントサウンド、マルチルームオーディオなどの機能を追加することで、HomePodをより便利にしています

HomePodの低価格版モデル(現在のHomePodの7個から2個のツイーターに変更)を今年後半に発売の可能性があるとの噂も在ります、まずはHomePodが「その他」のカテゴリーからでて「HomePod」のカテゴリーになることが期待されます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)