Foxconn、コロナウイルスの生産損失と戦うためにiPhone生産を移転

Foxconn、コロナウイルスの生産損失と戦うためにiPhone生産を移転

AppleアナリストのMing-Chi Kuo氏は、現在進行中のコロナウイルスのために、中国でのiPhone生産を取り巻く重大な不確実性を認識しており、AppleのアセンブラーFoxconnとPegatronでこれまでに見たものを詳しく説明しています

Kuo氏が見たメモでは、AppleのFoxconnを取り巻く問題以上のものがあると考えています

Kuo氏は、Appleの鄭州サイトが最も重要なiPhone生産サイトであり、iPhone 11およびiPhone 11 Proアセンブリの大部分を担当していると考えています

工場がいつオープンするかは明確ではありませんが、同氏は、工場が完全生産に必要なものの40%から60%の労働力率になると考えています

スポンサーリンク


これらの問題のいくつかにうまく対処するために、Kuo氏は、一部の生産がインドと台湾に移されたが、それらの施設では「能力が限られている」と主張しています

コロナウイルスの大発生の継続的な成長は、Appleのビジネスを現在未知な程度にAppleのビジネスに影響を及ぼスものと思われるが、同社にとって主な打撃となるのは小売ではなく生産側になります。

Appleの製品の主な生産は、流行の影響を受ける主要国である中国で行われ、その影響を最小限に抑えるために関係するアセンブリパートナーが措置を講じています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)