中国の第1四半期のスマートフォン販売はコロナウイルスにより半減する可能性、iPhoneにも影響

中国の第1四半期のスマートフォン販売はコロナウイルスにより半減する可能性、iPhoneにも影響

Reutersは、調査報告書によると、多くの小売店が長期間閉鎖され、新しいコロナウイルスの急速な拡散により生産がまだ完全に再開されていないため、中国のスマートフォン販売は第1四半期に50%も急落する可能性があると伝えています

中国の製造業を揺るがしたウイルスの大流行は、Huaweiなどのトップスマートフォンベンダーが今年の中国の5G展開計画が、長年の売上減少の後、世界最大のスマートフォン市場の回復に役立つことを望んでいたためです

調査会社のCanalysは、中国のスマートフォンの出荷が1年前の第1四半期に半減すると予想していますが、テクノロジーセクターを追跡する別の調査会社IDCは30%の減少を予測しています

中国最大のスマートフォンベンダーであるHuaweiは、その製造能力は特に明記せずに「正常に稼働している」と述べています

スポンサーリンク


Xiaomi Corp、Huawei、およびOppo(中国のトップAndroidブランドの3つ)はすべて、上半期に主力デバイスを発表する予定です

調査会社TrendForceは、世界規模で3月四半期にスマートフォンの生産量が12%減少し、5年間で最低の2億7500万台になると発表しました

世界最大のスマートフォンメーカーであるサムスン電子は、主な生産拠点がベトナムにあるため、ウイルスの発生による影響が最も少ないと報告書は述べており、生産予測はわずか3%減の7,150万台です

あるレポートによると、AppleのAirPodsとAirPods Proの需給バランスを満たす能力は、発生により危険にさらされています

この遅れは、Appleが早ければ今年3月に発売する予定の低コストのiPhoneにも影響を与える可能性があります

Ming-Chi Kuo氏は、「まだ多くの不確実性が残っている」ため、コロナウイルスの発生を考慮して新しい出荷予測を公開しませんでしたが、先週、彼はiPhone出荷予測を2020年第1四半期にコロナウイルスのために10%減の3,600万から4,000万台に下げました

(Via Reuters.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)