Appleの新しい低価格のiPhoneは3月発表で価格は399ドルを予定

Appleの新しい低価格のiPhoneは3月発表で価格は399ドルを予定

すそ野を広げる

Fast Companyはある情報源から「iPhone」は399ドルで「販売される可能性が高い」と伝えられており、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が10月に「iPhone」はその価格帯で利用可能になるとの以前の報告を裏付けています

アナリストによると、Appleはインド市場で競合する可能性を高めるために低価格のデバイスを必要としています

この市場は巨大ですが、Androidスマートフォンの価格が200ドル未満であることに慣れています、この新しいiPhoneは、Appleの中国での携帯電話サービスを強化するかもしれないと言い、その市場も巨大ですが、非常に競争が激しく、Appleは市場シェアを獲得して維持するのに苦労しました

アップグレードされた適切なコンポーネントと機能を備えた根本的に低価格のiPhoneは、以前はiPhoneを買う余裕のない人々のグループ全体にとって魅力的かもしれません

これには、安価なAndroid携帯電話を使用する可処分所得の少ない若者や、中古市場で古いiPhoneを購入した人が含まれる場合があります

IPhone SE2 iPhone 9 00003 z

新しい低価格のiPhoneは、物理的なホームボタンに組み込まれたTouch IDのように、Appleが長年使用してきたコンポーネントに依存している可能性が非常に高いです

新しいiPhoneは、おそらく比較的高価なレーザーチップとセンサーを含むFace ID顔認識技術を使用しません、おそらくiPhone 8から借りた携帯電話のデザインを再利用することで、コストを削減することができます、新しいiPhoneには4.9インチのディスプレイが搭載される予定です

スポンサーリンク

Appleエコシステム

iPhone SE 2またはiPhone 9と噂されるiPhoneは、プレミアム機能を消費者に提供することではなく、Appleエコシステムの中にそれらを引き込むことです

Appleは、すでに10億を超えるiOSデバイスが実際にアクティブになっていると言っています

これらすべてのデバイスをApple MusicやApple TVのようなAppleサービス用の小さな自動販売機と考えるなら、おそらくもっと多くの電話を人々の手に渡したいと考えます

Appleは、今年2億台のiPhoneを販売することを目指していると言います

Appleのビジネスの最大のストーリーは、同社の急成長するデジタルサービス事業が、減速するiPhoneビジネスのバランスを取るのに十分な速さで成長できるかどうかという問題です

Appleのサービス事業である「カウンターバランス」は、前四半期も急速な成長を続け、売上高は前四半期から19%増加し、109億ドルとなりました。このビジネスは、2015年以来、四半期ごとに2桁の成長を見ています

より多くのサービスの販売を可能にすることは、より多くのiPhoneの販売を奨励するよりも、Appleにとってはるかに価値があるかもしれません

(Via Fast Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)