Appleは2019年に他のどの会社よりも多くの半導体を購入した

Appleは2019年に他のどの会社よりも多くの半導体を購入した

Gartnerによると、Appleは2019年に他のどの会社よりも多くの半導体チップを購入し、世界市場全体の8.6%を占めました

ウェアラブルで成功する方法

Samsungは、期待外れの需要で8%で2位でした

Semiconductor chips 00001 z

これは、Appleの複数の成功の連鎖を反映しているようです

Mac、iPhone、iPad、ウェアラブルで急速に成長しているリーダーシップ、そしてAirPodsとApple Watchが多くの消費者を獲得しています

GartnerのシニアプリンシパルアナリストであるMasatsune Yamaji氏は、すべての製造業者のすべての市場における世界的な需要の軟化を反映しているようであり、これは懸念の原因になると思い、次のように述べています

主な理由は、メモリ価格の急激な下落でした。メモリ価格は非常に高く、2018年には多くのOEMにとって深刻な負担となり、チップの総支出の45%を占めました


「しかし、状況は2019年に改善しました。上位5社のOEMは、2019年にメモリ支出シェアを36%に減らし、より良いプロセッサとより多くのメモリコンテンツで製品のコンピューティングパフォーマンスを改善しました

スポンサーリンク


同氏は、また

世界的な不確実性とマクロ経済の減速は、2019年の半導体購入者に大きな影響を与えました、米中貿易戦争、ブレグジット、日本と韓国間の紛争、香港での抗議などの政治摩擦は2019年に増加し、世界経済の成長を減速させました


「このマクロ経済環境は、さまざまな電子機器の需要を冷やし、電子機器の総収益は、2019年に47億ドル減少し、2018年から0.2%減少しました

と述べています

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)