Apple、企業での拡大が続いてソフトウェア会社SAPでのMacの採用が2倍に

Apple、企業での拡大が続いてソフトウェア会社SAPでのMacの採用が2倍に

Appleは、Fortuneのトップ500でシステムが使用されている企業で成長を続けており、ソフトウェア会社SAPでのMacの採用がわずか15か月で倍増したというニュースが届きました

Macはエンタープライズマシン

現在、SAPで使用されているMacは約26,000台あり、その大半(82%)はmacOS Catalinaを実行しています

SAPのエンタープライズモビリティ担当副社長であるMartin Lang氏は、最近のJNUCエンタープライズイベントにこれについて議論するために登場し、macOSのCatalystを使用してiPadアプリをMacに移植する会社の仕事も明らかにしました

同社は2018年に83,000台のiOSおよび170台のApple TVデバイスを展開し、Jamf Proを使用して、すべてのAppleデバイスにわたってネイティブで統合されたITおよびユーザーエクスペリエンスを作成しています

実際、統合は非常に緊密であるため、Macに移行する従業員は、プロセスを自動化する内部SAPアプリを使用するだけで済みます

Appleデバイスを選択するSAP従業員の数が増えているため、SAPは2018年に ITチームを再編成してApple Center of Excellenceチームを設立することを決定しました

スポンサーリンク

Windowsが置き換えられている

SAPでのMacの採用が過去15か月で2倍になったというニュースは、Windowsの交換サイクルが始まるにつれて、企業でのMacの採用にとって非常に良い動機付けとなります

IBM CIO Fletcher Previn氏が最近、Macに移行したIBM従業員が経験したコスト上の利点、運用上の効率、生産性の効率を指摘していることに注意することは重要なようです

既存の機器をアップグレードしようとしている企業は、この移行を従業員に独自の選択プログラムの提供を開始する本当に良い機会と見なすべきであることは明らかです

IBMとSAPの採用データから判断すると、その選択を与えられた労働者がMacにどれだけ早く移行するかを見るのは興味深いことです

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)