AppleのパワフルなA14は、iPhone 12をMacBook Proと同じくらい高速にすることができる

AppleのパワフルなA14は、iPhone 12をMacBook Proと同じくらい高速にすることができる

A14プロセッサ

AppleのiPhone用チップは全体的なパフォーマンスで最高の座を占めており、今年新しいiPhoneがリリースされたときにAppleが冠を握ると期待しています

MacworldでJason Cross氏は、今年後半にAppleのA14 SoCから見られると思われるものを公開しています

トランジスタの数だけでは、プロセッサのパフォーマンスを推定する手段としては不十分ですが、Appleが “Room”で動作する必要があるかを教えてくれます

  • 5nmチップは、7nmチップと同じ電力で15%高速に実行するか、同じ性能レベルで30%低消費電力を実行できるので、A14は大幅に高速で電力効率の高いチップになります
  • 5nmからトランジスタ密度が大幅に増加したため、高効率コアのパフォーマンスを大幅に向上させ、マルチスレッドパフォーマンスを大幅に向上させる可能性があります
  • 5nmプロセスだけでも、AppleがA13で使用する強化された7nmプロセスよりも約8%速く、1,400台半ばのスコアが得られ、これまでのCPUパフォーマンスから、A14はGeekbenchシングルスコアで1,600に近いスコアを得ることを期待できる
  • A14 Chip 00001 z

    スポンサーリンク

  • マルチコアのパフォーマンスは予測が困難だが、5nmでトランジスタ密度が大幅に増加するために高効率コアのパフォーマンスを大幅に向上させ、マルチスレッドパフォーマンスを大幅に向上させる可能性があり、マルチコアスコアが最大5,000程度になっても驚くことはありません、5,000のスコアは6コアのメインストリームデスクトップCPUまたはハイエンドラップトップCPUに似ています。15インチMacBook Proの領域です
  • A14 Chip 00002 z

  • 3DMark Sling Shot Extreme Unlimitedテストを見ると、A13ではパフォーマンスが劇的に飛躍しました、4,800前後のスコアを期待していましたが、Appleは6,000をはるかに上回りました、A14ではいくつかの新しいパフォーマンスのボトルネックがなければ、9,500を超えるスコアが確実に得られると思われる
  • A14 Chip 00003 z

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)