米国で一部のユーザーにApple Card Previewプログラムへの招待メールが配信される

米国で一部のユーザーにApple Card Previewプログラムへの招待メールが配信される

AppleはApple Cardの新しいWebページを公開

Apple Webサイト のWalletサブドメインにアクセスすると、ナビゲーションバーのApple CardロゴとiPhoneディスプレイ上のWalletアプリのApple Cardインターフェースの画像を備えた「You’re almost there」という見出しのページに移動します

You re almost there 00001 z

このページは、「Apple Card Previewへの招待メールを受け取った」人がiPhoneのWalletアプリ内から直接Apple Cardに申請できることをアドバイスしています

iPhoneのWalletアプリで、またはiPadの「設定」>「Wallet&Apple Pay」でApple Card に申し込むことができます

スポンサーリンク


Appleの財布サイトには、アクティベーション手順のチュートリアルビデオがあります

You re almost there 00002 z

Apple は、ウェブサイトのメインのApple Cardページへのリンクも提供します。これは、カードが一般に利用可能になる時期を通知したいユーザー向けです

招待メールが「選ばれたiPhone所有者」の「非常に、非常に小さなグループ」に送信されていますが、どのような基準で早期の招待メールが発送されているかは不明です

この取り組みは、打ち上げ前のテストの最後の段階のようで、Appleは規模のテストにこの「ソフトローンチ」を選択した可能性があります

すべてのiPhone所有者の正式な発売日はまだ設定されていません、Apple CEOのTim Cookは、最新の収益開示に続いて電話会議で、Apple Cardが8月に発売されると述べています

米国での発売がうまくいけば、AppleはApple Cardを他の地域に拡大する可能性があります

(Via appleinsider.)


日本でもApple Cardの商標登録がされていることが解っていますが、Apple CardとApple Pay Cashの両方の商標登録出願を済ませているカナダが米国の次に来ると思われます

日本では、2020年の東京オリンピックがあることから期待が膨らんでいますが、どうなるでしょう?











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)