公正取引委員会、Appleの日本企業に対する独占禁止規則に違反を調査

公正取引委員会、Appleの日本企業に対する独占禁止規則に違反を調査

独占禁止法に違反?

毎日新聞は、公正取引委員会がAppleが取引先の日本企業との間で、部品製造に必要な技術や知識を無償で提供させる契約を結んでいたこと調査していると報じています

日本企業側が「知的財産権の侵害にあたる」として契約修正を求めたのに対し、取引関係解消を持ち出して押し通したとの訴えもあり、こうした行為が独占禁止法が禁じる「優越的地位の乱用」にあたるかどうかを精査しています

また、一部のサプライヤーに部品価格を下げるよう圧力をかけ、部品や技術を他社に販売することを禁止する一方で、予期しない問題の費用を負担することを要求したとも報じています

企業が知的財産権の侵害と呼び、修正を要求したとき、Appleはビジネス関係を終わらせると脅したと報告書は述べています

昨年、公正取引委員会は、AppleのApp Storeと競合するオンラインゲームプラットフォームの拡大を遅らせるようYahoo Japan Corpに不当に圧力をかけたという申し立てについてAppleを調査しました

(Source 毎日新聞 , Via Reuters.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)