Apple、ARMベースのMacの噂の中でARMのリードCPUアーキテクトであるMike Filippoを採用

Apple、ARMベースのMacの噂の中でARMのリードCPUアーキテクトであるMike Filippoを採用

ARMベースのMacの噂

複数の報告によると、Appleは2020年には早くもMacで自社のARMベースのプロセッサに移行することを計画しており、同社は最近その目的に信憑性を与える重要な採用をしました

LinkedInのプロファイルによると、ARMの主導的なCPUおよびシステムアーキテクトであるMike Filippo氏は、先月Appleに入社しました

ARM 00001 z

Filippo氏は、1996年から2004年にかけてAMDのチップ設計者となり、2004年から2009年にかけてIntelのCPUおよびシステム設計の主導的役割を果たし、豊富なチップメイキング経験をAppleにもたらしました

スポンサーリンク


AppleがMac用に独自のARMベースのプロセッサを設計することは、それがしばしば遅れに直面していたIntelプロセッサから離れることを可能にすると予測されます

Intelの情報筋によると、Appleは来年からMacのARMベースのプロセッサへの移行を計画していると言います

AppleはすでにiPhoneおよびiPad用に独自のAシリーズチップを設計しています

また、最近のMacモデルでは、自社製のコンポーネントおよびチップ設計への取り組みの一環として、カスタムT2セキュリティチップも設計しています

Appleは、ハードウェアとソフトウェアを密接に統合していることで長い間知られています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)