Apple TVは米国のストリーミングTV機器の16%のシェアを占める

Apple TVは米国のストリーミングTV機器の16%のシェアを占める

ストリーミングTVプラットフォーム

Strategy Analyticsの最新の調査によると、2019年の第1四半期にRokuのストリーミングTVプラットフォームが米国のコネクテッドTV機器の売上の30%以上を占め、ストリーミングTVプラットフォームのリードをさらに広げデバイスが現在使用されており、全メディアストリーミングデバイスの15.2%を占めています

Rokuは現在、使用中のデバイスに関して、次の主要プラットフォームであるSony PlayStationよりも36%優れています

レポートによると、このリードは、主にRokuのスマートTVパートナー戦略の成功の結果として、年末までに70%まで拡大すると予測されています

スポンサーリンク


Apple TVは、2018年第2四半期の10%以下から上昇し、2019年第2四半期の時点で米国内のストリーミングTV機器の約16%のシェアに成長しています

Apple TV Market 00001 z
注:Strategy AnalyticsのConnected Media Deviceには、スマートテレビ、デジタルメディアストリーマ、およびゲーム機が含まれます

AmazonのFire TV OSは2019年第1四半期に2番目に売れたストリーミングTVプラットフォームで、売上の12%を占め、サムソンのTizenは11%、Google(Android TVとChromecast)は9%でした

Strategy Analyticsによると、2019年末までに、5,200万を超えるRoku搭載デバイスが使用されるようになり、接続されているすべてのメディアデバイスの18%を占めます

(Via AppleWorld.Today.)


Strategy Analyticsは、今秋のApple TV +とApple ArcadeのリリースがApple TVの売上に及ぼす影響を全く考慮に入れていないと思われます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)