Citigroupは、収益性の懸念からApple Cardの交渉から撤退

Citigroupは、収益性の懸念からApple Cardの交渉から撤退

Apple Cardの提携先

Appleは、米国の革新的なApple CardについてGoldman Sachsと提携しました

これはAppleの最初のクレジットカードだけでなく、Goldman Sachsにとっても最初のクレジットカードでした

交渉についての知識を持つ人々によると、CitigroupはカードについてAppleとの高度な交渉を行っていたが、それがパートナーシップから許容できる利益を得ることができないとして、交渉から撤退しました

J.P. Morgan Chase、Barclays、Synchronyなどの他の銀行はこの事業に入札しています
Apple Card 00001

Apple Cardは消費者に優しい

他のクレジットカードとは異なり、Apple Cardにはいかなる種類の手数料もありません

積極的に借金を避けたり返済したりすることを積極的に奨励するソフトウェア、そして潜在的に低い金利は、銀行が製品に対してお金を稼ぐのを難しくしています

加えて、Appleは顧客に購入に応じて1〜3%のキャッシュバックを提供しています

スポンサーリンク

この取引はまた、1兆ドル規模の米国のカード業界における内在的な緊張にスポットライトを当てています

ビッグカード発行会社は、顧客が借金をしてそこに留まると利益を得ます、アメリカ人は昨年銀行にクレジットカードの利子で1113億ドルを支払っています

これは5年前よりも50%近く多い、そのため、ゼロ手数料と透明な価格設定という新しいフィンテックの精神を採用することで、利益幅が薄くなります

Goldman Sachsのスポークスマンは、同社はAppleカードを介してAppleと提携することに、「
私たちは、人々が自分たちの経済生活を管理できるようにすることを目的として設計されたApple Cardを、顧客が使うことに興奮しています」と語っています

Goldman Sachsにとって

Apple Card 00004a
Appleとの提携は、いくつかの理由から、CitigroupやJP MorganよりもGoldmanにとって意味があります

Goldman Sachsは、、トレーディング収益の10年間にわたる減少を相殺するために、消費者金融に積極的に取り組んでいます

Appleとの提携は、一連のパートナーシップの最初の1つに過ぎない可能性があり、知名度の高いパートナーから始めることは、非常に短期間で数百万人の新しいクレジットカードユーザーを獲得することが可能になります

Goldman Sachsには、見直すための古いテクノロジーシステムや既存のカードビジネスを守るための古いテクノロジーシステムがないため、自社のビジネスを共食いするリスクはありません

Apple Cardとの提携によって、消費者金融分野でGoldman Sachsの立場を変えたり壊したりする可能性があります

Apple Cardが成功すると、他の銀行も心配することが多くなります

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)