HDR、自動輝度、ナイトシフト、True ToneテクノロジーをサポートするAppleの新しいProディスプレイの噂

HDR、自動輝度、ナイトシフト、True ToneテクノロジーをサポートするAppleの新しいProディスプレイの噂

WWDC 2019

Appleの6月3日から開催される WWDC 2019は、約1週間後に迫っています

このイベントは新しいソフトウェア機能に焦点を当てることが期待されていますが、一部のハードウェアも期待できます

Appleは、新世代のMac Proと、新しいプロフェッショナルディスプレイを発表する可能性があると噂されています

新しいプロディスプレイは、2年以上前にAppleのPhil Schiller氏によって初めて思わせぶりに語られました

開発に携わっている人々にはJ290としてしか知られていませんでしたが、新しいプロモニターは、HDR、自動輝度、ナイトシフト、および周囲の光の色に合わせてディスプレイの白色点を調整することができるTrue ToneテクノロジーをサポートするDCI-P3ディスプレイになる可能性があります

スポンサーリンク


このディスプレイには、Apple のオペレーティングシステムとの深い統合も含まれています

Mac上では、ユーザーは自分の好みに合わせてディスプレイの設定を微調整し、簡単に切り替えることができるプリセットとしてそれらの設定を保存したり、後で別のデバイスにインポートするファイルにエクスポートすることができます

これらのプリセットにより、最小および最大の明るさ、カラースペース、自動輝度、ホワイトポイント、ナイトシフトなど、ディスプレイのさまざまな特性をカスタマイズできます

保存したプリセットは、メニューバーにショートカットとして含めることができます
Apple Display 6K 00001 z
ディスプレイの物理的なサイズに関する詳細はまだ明らかではありませんが、以前アナリストのMing-Chi Kuo氏はApple Displayが31.6インチディスプレイを搭載すると述べています

(Via 9to5Mac.)


Appleが 6月3日にWWDCで新しいモニターを発表するなら、2016年にThunderbolt Displayの販売を終了して以来の、Appleのディスプレイとなります










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)