Apple、31.6インチ6K Mini-LEDディスプレイの噂のすべて

Apple、31.6インチ6K Mini-LEDディスプレイの噂のすべて

ここ数カ月間、AppleがProディスプレイ市場に再び参入することについてかなり多くの噂がでています

ディスプレイは31.6インチの大きさで、6Kの解像度を備えていると言われています

Apple Display サイズと解像度

Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、Apple Displayは31.6インチディスプレイを搭載する。これは27インチのiMacよりかなり大きく、Apple Displayの解像度は6K3Kです

Apple Displayが16:9であるのか、それともウルトラワイドディスプレイのトレンドに参加するのかは未確認です

Jeff Benjamin氏は、Appleのディスプレイは6,240×2,880のネイティブ解像度を特徴とすると主張していて、これは「真の」5Kフットプリントで、ディスプレイを超ワイドパネルに変えるために水平方向に拡大されています
Apple Display 6K 00002 z
ピクセルを割り増しすると、ディスプレイの解像度は6K に引き伸ばされ、これは、ディスプレイが6K3K されるというクオの主張と正確に一致します

Apple はスタンドアロンの Pro モニタを既存の iMac および iMac Pro のフォームファクタと DPI と一致させたいと考えており、基本的に、27インチ5K iMacは1インチあたりのピクセル数の標準の218となります

6,240×2,880の解像度では、Appleのディスプレイは31.59インチにり切り上げられて31.6インチとなりKuo氏の主張と一致します

スポンサーリンク

Mini-LED

Apple Display 6K 00001 z
Kuo氏によると、Appleの6KディスプレイはMini-LEDバックライト技術を採用すると言い、これが意味するのは、外付けディスプレイはバックライトにMini-LEDのみを使用し、真のエンドツーエンドのMini-LED画面には使用しないということです

しかし、2020年後半または2021年初頭には、Appleは真のMini-LEDパネルを搭載した新しいMacBookおよびiPadモデルを発売する予定です

Kuo氏は、Appleのモニターはもっと大きなLEDを備えた「Mini-LEDのようなバックライトユニット」を使用すると特に述べています

Mini-LEDバックライトを使用すると、

  • 正確な黒とコントラストの向上を可能にする、より電力効率の良いバックライトを持つことになる
  • ミニLEDバックライトはパネルの薄型化を可能にし、全体的に薄型のデザインになる

スポンサーリンク

Apple Displayの、リリース予定と価格

Apple Displayは、第2四半期または第3四半期に発売される予定で、時期的には6月3日に開始されるAppleの次期開発者中心のWWDCに一致します

価格については、現時点でAppleがこの31.6インチ6Kモニタの価格を知ることは難しいが、 Thunderbolt Displayは999ドルで販売しており、特にこの分野の市場でAppleが競争をほとんどしていないと考えた場合は、この新しいディスプレイの価格はそれ以上になるはずです

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)