Appleのカスタムメイドの5Gモデムは2025年まで搭載されない可能性

Appleのカスタムメイドの5Gモデムは2025年まで搭載されない可能性

Appleのカスタムメイドの5Gモデム

The Informationからの新しいレポートによると、Appleのカスタムメイドのスマートフォンモデムは2025年までにiPhoneとiPadには搭載されないと言います

5Gモデムが問題になるずっと前に、AppleがIntelに問題を抱えていたことが明らかになっています

2017年初頭に、Intelは2018年のiPhoneラインナップ向けのLTEモデムをAppleに供給するのに苦労しました

Appleのハードウェア担当副社長 Johny Srouji氏が、AppleのキャンパスでのIntelの相手方Venkata “Murthy” Renduchintala氏との会談中に「これは私の監視下ではAppleで起こったことはなかっただろう」と述べています

スポンサーリンク


Appleは2020年までiPhoneに5Gモデムを追加することを期待されていなかったが、Intelが時間通りに納入できるかどうかについて同社が非常に不確実だったように思われます

伝えられるところによれば、同社はまだ独自のモデム技術を追求しているが、チームに加わるためにインタビューを受けた人々は、Appleが早くとも2025年まで市場に参入する準備はできていないと述べています

その時までに、市場はすでに6Gに移行しているかもしれません

(Via Cult of Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)