Apple、2019年第2四半期の業績を発表、サービスは過去最高の114億5,000万ドルを記録

Apple、2019年第2四半期の業績を発表、サービスは過去最高の114億5,000万ドルを記録

2019年第2四半期

Appleは本日、2019年3月30日に終了した2019年度第2四半期の決算を発表しました

同社は、前年同期比5%減の580億ドルの四半期売上、10%減の2.46ドルの四半期純利益を計上しました

海外売上高は、当四半期の売上高の61%を占めました

Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は声明の中で次のように述べています

当社の3月四半期の業績は、サービス分野で過去最高を記録したことによる14億台を超えるアクティブデバイスの設置ベースの継続的な強さ、および3月の新たな四半期を設定した当社のウェアラブル、ホームおよびアクセサリカテゴリの力強い勢いを示しています。


私たちは6年間で最強のiPadの成長を遂げました。革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびサービスのパイプラインについては、これまでになく興奮しています。6月に開催される第30回Worldwide Developers Conference(WWDC)で、開発者や顧客ともっと共有できることを楽しみにしています。

AppleのCFO、Luca Maestri氏は声明の中で、「当社は3月四半期に112億ドルの営業キャッシュフローを生み出し、事業のあらゆる分野に多大な投資を続けました」と述べています

また、「自社株買いと配当を通じて270億ドル以上を株主に還元しました。Appleの将来に対する自信と、当社の株価に見られる価値を考慮して、当社の取締役会は自社株買戻しのために追加で750億ドルを承認しました。また、7年足らずで7回目の四半期配当を上げています」

スポンサーリンク

2019年第2四半期の業績

  • 1株当たりの純利益:2.46ドル(Refinitivの予測 2.36ドル)
  • 売上:580億ドル(Refinitivの予測 573億7,000万ドル)
  • iPhone収益:3,105億ドル(Refinitivの予測 3,103億ドル)
  • サービス収益:114億5000万ドル(Refinitivの予測 113億7000万ドル)

製品別

iPadとウェアラブルの売上は前年同期を上回り、iPhoneとMacの売上はわずかに減少しました

  • iPhone:310億510万ドル(前年同期:310億5,590万ドル)
  • iPad:48億7,000万ドル(前年同期:42億1,000万ドル)
  • Mac:55億1,300万ドル(前年同期:57億7,600万ドル)
  • Wearables、HomeとAccessories:51億2,900万ドル(前年同期:39億4,400万ドル)
  • サービス:114億5,000万ドル(前年同期:98億5,000万ドル)

2019年第3四半期のガイダンス

Appleは、2019年度第3四半期について、次のようなガイダンスを発表しています

  • 売上高は 525億ドル〜545億ドル
  • 売上総利益率は 37〜38%
  • 営業費用は 87億ドル〜88億ドル
  • その他の収入/(費用)2億5,000万ドル
  • 税率 約16.5%










LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)