iPhoneおよびApple Watchが学生の身分証明書として導入され始める

iPhoneおよびApple Watchが学生の身分証明書として導入され始める

学生の身分証明書

ウェストバージニア州のハンティントン大学は、学校発行の身分証明書としてiPhoneおよびApple Watchを導入しています

この大学は、現在Appleの学生IDシステムをサポートしている米国の10校のうちの1校です

システムにサインアップした学生、教職員はスタッフはiPhoneおよびApple Watchを使用して、従来のIDを処理するのに必要だった多くのタスクを処理することができます

  • 学生寮や図書館など、キャンパス内の建物にアクセスする
  • レクリエーションセンターのジムの利用
  • 食事代を払う
  • 大学の書店で商品を購入する
  • キャンパス内の自動販売機から商品を購入する
  • 学内の印刷施設を利用する

スポンサーリンク

ゆっくりだが確実な展開

Appleは、このシステムをDuke大学、Alabama大学とOklahoma大学で利用できるように、2018年10月に提供を開始しました

Johns Hopkins大学、Santa Clara大学、Temple大学も2018年後半にシステムの提供を始めました
IPhone Identification 00002

システムの仕組み

このシステムを使用するには、生徒は自分のMarshall Mobile IDカードをApple Walletにロードする必要があります、その後、システムをサポートするすべてのAppleデバイスで使用できます

彼らがAppleデバイス持っていたら、彼らはただ必要とするものを手に入れるためにカードリーダーで彼らの装置をスワイプします

Appleは、大学などの現実の安全な状況でシステムを使用できるようにすることで、システムの堅牢なセキュリティを示す証明ポイントを作成しています

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)